FACT. とArkitipのカプセルコレクションを記念したイベントにBeastie BoysのMike Dが来日

DIYカルチャーをテーマにしたブランドFACT.が限定生産のアートマガジンの出版とサブカルチャーのキュレーションで知られるArkitipとのカプセルコレクションをリリースする。

FACT.はスケートボードカルチャー、そして音楽とアートのニュアンスを用い80’s90’sのクリエイティヴなサブカルチャーとDIYにフォーカスしたブランド。

今回のコレクションのローンチに伴い80年代のアイコニックなスケートカルチャーのシーンを収めた写真を、30点集めたエキジビジョンが3日間限定で原宿のBATSU GALLERYにて開催される。

23日のレセプションにはBeastie BoysMike Dが来日しBGMを提供。Skatelabの貴重な80年代のコンプリートスケートボードのインスタレーションも見ることができる。

またアフターパーティーを同日の深夜からSankeys TYOで開く。こちらにもMIKE DがDJで登場するほか、KAN TAKAGI、HIKARU (BxH)、KUBOTA TAKESHIやBIMがDJで出演。さらにはMONYPETZJNKMNがライブパフォーマンスを披露する。

24日にはGrant Brittainによるスライド&トークショーも予定されているのでそちらもお見逃しなく。

Info

Fact.

FACT. Presents “IN THE STREETS” W/ GRANT BRITTAIN
June 23 (Fri)
Opening Reception 18:00 - 21:00
Music by Mike D
June 24 (Sat)
Slide and Talk Show by Grant Brittain 18:00 - 19:00
June 24 - 25
Open Hours 11:00 - 20:00
BA-TSU Art Gallery
5-11-5 Jingumae Shibuya-Ku Tokyo, Japan
エントランスフリー
Fact.
FACT. “IN THE STREETS” After Party @SANKEYS TYO
June 23 (Fri) @SANKEYS TYO  Open 23:00
Entrance ¥3500
Basement:
MIKE D (Beastie Boys)
KAN TAKAGI
HIKARU (BxH)
KUBOTA TAKESHI
DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA
Live:
MONYPETZJNKMN
Tap Room:
PELI
YUKIBEB (Soulection)
BIM (OTOGIBANASHI’S)
MO’TENDERS
YAMARCHY
Sankeys TYO
Hikawa Bldg. BF, 2-11 Sarugaku-cho
Shibuya-ku, Tokyo Japan
Tel. 03-6455-3260
Sankeys ASIA Ltd.  03-6452-5252
You must be over 20 with photo ID.
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。 
写真付き身分証明証をお持ち下さい。

 

related

スパイク・ジョーンズが手がけたBeastie Boysのドキュメンタリー『Beastie Boys Story』が4月にApple TVにて配信

“Sabotage”の70年代刑事ドラマをパロディした名作MVを監督するなど、Beastie Boysと深い関係を持つスパイク・ジョーンズ。そんな彼が手がけたBeastie Boysのドキュメンタリーが、今年4月にApple TVで配信されることが明らかになった。

Beastie Boysのアルバム『Ill Communication』のリリース25周年を記念したミニドキュメンタリーが公開

Beastie Boysが1994年にリリースした4枚目のスタジオアルバム『Ill Communucation』の25周年を記念して、Amazon Musicからショートフィルム『Still Ill』が公開された。

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。