スパイク・ジョーンズが手がけたBeastie Boysのドキュメンタリー『Beastie Boys Story』が4月にApple TVにて配信

“Sabotage”の70年代刑事ドラマをパロディした名作MVを監督するなど、Beastie Boysと深い関係を持つスパイク・ジョーンズ。そんな彼が手がけたBeastie Boysのドキュメンタリーが、今年4月にApple TVで配信されることが明らかになった。

Complexによると、ドキュメンタリー『Beastie Boys Story』は4月24日からAppleTV+でストリーミング配信が開始。さらに4月3日にIMAXシアターで限定上映が行われるという。

元Beastie BoysのMike DとAd-Rockは、今回の発表に合わせ「長年に渡って何度も一緒にランチを食べている友人がいる。彼らが何を注文するか分かるようなね。スパイクはそんな友人の一人だ。もしメニューが分からなくても、彼ならテーブル全体にぴったりな物を見つけられる。俺たちの本が出た時にどうしようと考えていたら、スパイクが注文をしてくれたんだ。子供たちのためにショーを開く、というね」とのメッセージを贈っている。

またジョーンズはドキュメンタリーについて「Beastie Boysには沢山の借りがある。彼らは一度俺を燃えている船から助けてくれて、別のときにはフロリダ州立大学の入学試験をカンニングするのを手伝ってくれたんだ。だから、彼らと再会して、彼ら自身の物語を語るのを手伝うのは本当に光栄だよ」と、ジョークを交えつつ喜びをあらわにしている。

長く親交を積み重ねたスパイク・ジョーンズ監督によるBeastie Boysのドキュメンタリー。両者のファンにとって必見の作品となりそうだ。

related

Beastie Boysのアルバム『Ill Communication』のリリース25周年を記念したミニドキュメンタリーが公開

Beastie Boysが1994年にリリースした4枚目のスタジオアルバム『Ill Communucation』の25周年を記念して、Amazon Musicからショートフィルム『Still Ill』が公開された。

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Beastie Boysがデビューアルバム『Licensed To Ill』リリース後に解散の危機に陥っていた過去を明かす

白人ラップグループの先駆けとして、またその革新的な音楽性によって後世に強い影響を与えたBeastie Boys。三人の息の合ったマイクリレーが特徴なグループだけに仲の良いイメージが強いグループだが、かつてはそうではなかったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。