Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

あるRedditユーザーは最近、ドキュメンタリーにChildish GambinoことDonald Gloverが写り込んでいる事を指摘した。彼本人もしくは彼に限りなく似ている男性が”Three Mc’s and One DJ”に合わせてラップをしている姿が写っている。ファンは彼が当時ニューヨーク大学に通っていた21歳のGambin本人であると確信している。

「百万分の一だ」とRedditでは書かれており、また「コンサートやコメディー、スポーツ、ゲームなどのイベントで様々な人がカメラに映り込むけど、彼みたいな有名人が映ることってあるか?最高」とも書かれている。

Gambinoはちょうど彼自身のツアー“This Is America Tour”でメディソンスクエアガーデンを訪れている。

彼は過去にBeastie Boysに対して好意を示しており、故“MCA”Adam Yauchに哀悼の意を表明した際にGambinoとしての自分をBeastie Boysと比べている。「Childish Gambinoは昔のGambinoを脱却したか?」という質問に対して彼はEsquireで「していないと思いたいね。それは『Beastie BoysはBeastie Menになった?』と聞いているみたいな事だよ。Childish GambinoはいつでもChildish Gambinoだけど、ファンの人達と一緒に成長できたらいいね。」と答えており、この人物がGloverだったとしてもおかしくないかもしれない。

related

スパイク・ジョーンズが手掛けたBeastie Boysのドキュメンタリー映画がApple TV+で本日公開 | メンバーがセレクトしたプレイリストもApple Musicで

親交の深いスパイク・ジョーンズが手がけることでも話題となっていてBeastie Boysのドキュメンタリー映画『Beastie Boys Story』が本日からApple TV+で公開となった。 映画はニューヨークシティ出身の3人のティーンエイジャーがハードコアパンクバンドを結成し、いかにして...

【レビュー】Childish Gambino『3.15.20』| 世界はまだまだChildish Gambinoが必要だ

2018年、“This is America ”でヒップホップアーティストとして初のグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の主要2部門(最優秀ラップサングパフォーマンス賞と最優秀ミュージックビデオ賞を含むと4部門)を制して歴史を書き換えたChildish Gambinoが、3/20に自分のサイトにストリーミング形式で4作目『3.15.20』を発表した。

Childish Gambinoがポップスからテクノまでを飲み込んだ問題作『3.15.20』をリリース

先週に自身のサイトで新作の先行ストリーミングを行なっていたChildish Gambinoが、昨日その新作『3.15.20』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。