Donald Gloverが最新インタビューの中で新作の構想について触れ「スピリチュアルなものになる」と語る

新型コロナウイルスの爆発的な流行の最中に発表された前作『3.15.20』も話題を呼んだChildish GambinoことDonald Glover。以前はChildish Gambino名義からの引退も噂され、また前作のリリース以来目立った音楽活動を行っていない彼が、GQのインタビューに登場し新曲の構想について明かした。

Complexによると、Donald GloverはGQにてドラマ『チューインガム』や『アイ・メイ・デストロイ・ユー』の主演、脚本を務めるMichaela Coelとの対談企画に登場。

エホバの証人を信仰する家庭で育ったバックグラウンドを持つDonald Gloverは若い頃に信仰をやめる決意をした理由について尋ねられ、「童貞を卒業した際に信仰をやめた」と語る一方、現在は広い意味で「スピリチュアル」なライフスタイルを送っていると語った。

彼は「前作や今作っているプロジェクトは、音楽的にもスピリチュアルなものだと感じているんだ。全てがスピリチュアルだよ。自分たちを、自分自身を愛せているように感じる」と語っており、新作が前作と通底するスピリチュアルな雰囲気をまとったものになることを仄かしている。また「また音楽のプロジェクトを終えたようには感じていない」と語っていることから、Childish Gambino名義を引退するのはまだ先のことになるのではないか、と解釈することも出来る。

Donald Gloverのスピリチュアルへの傾倒は新型コロナウイルスの流行によって本格化したようで、「コロナウイルスが流行した時、クレイジーに聞こえるだろうけど、シャーマンみたいな女性に”聖書を書きたい“って言ったんだ。コロナウイルスの流行で皆が自分の心の内側に囚われているように感じたし、スタジオで作った曲を聴いていたら、“何人かが分かってくれるはずだ”って思った」としている。『3.15.20』も今年の3月時点でのパンデミックの状況を織り込んだアルバムだったが、新作はどのような内容となっているのだろうか。

Childish Gambinoの新作が我々のもとに届く日はそう遠くないのかもしれない。

related

【レビュー】Childish Gambino『3.15.20』| 世界はまだまだChildish Gambinoが必要だ

2018年、“This is America ”でヒップホップアーティストとして初のグラミー最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞の主要2部門(最優秀ラップサングパフォーマンス賞と最優秀ミュージックビデオ賞を含むと4部門)を制して歴史を書き換えたChildish Gambinoが、3/20に自分のサイトにストリーミング形式で4作目『3.15.20』を発表した。

Childish Gambinoがポップスからテクノまでを飲み込んだ問題作『3.15.20』をリリース

先週に自身のサイトで新作の先行ストリーミングを行なっていたChildish Gambinoが、昨日その新作『3.15.20』をリリースした。

Thundercatの3年ぶりの最新作『It Is What It Is』 がリリース決定 | Flying Lotusとの共同プロデュースでChildish GambinoやTy Dolla $ignなども参加

2017年にリリースしたアルバム『Drunk』が高い評価を得たThundercatが、3年ぶりとなるアルバム『It Is What It Is』をリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。