OutKastのBig Boiが語るヒップホップにとってのソーシャルメディアとは

最新アルバム『Boomiverse』のリリースを控えるOutKastのメンバーBig Boiがアメリカのテレビ番組Desus&Meroにプロモーションの為に登場。そこでは、ソーシャルメディアがラップをどう変えてきたかについて語られる。

ソーシャルメディアがラップに与えた影響について聞かれたBig Boiは「良いところと悪いところがある。なぜなら、今まで他人を尊敬しなければならなかった。もし、誰かが相手にネガティブなことを言ったら、返り討ちにあっただろう。そして、それは2度起こらない。だけど、今はみんな一家に一台はコンピューターを持っている。そしてコンピューター画面の前で菓子を食べながらそんなことをやってるから、他人に対して注意を払わなくなった。今の時代、やり方次第で良くも悪くもなる。みんなが曲を作り、それがすぐ広まる。だけど、みんなそのいざこざで訴訟を起こされる可能性だってあるんだ」と語った。

Big Boiが言う様に、ソーシャルメディアには功罪両面がある。好きなアーティストの一面をよう知ることができる反面、ラッパーの煮え切らないビーフが乱発し、ネガティブな発言やムービーが一挙に広まる。OutKastのメンバーとして90~00年代のヒップホップシーンを牽引してきたBig Boiは時代の移り変わりに憂いているようだ。

RELATED

InstagramがLikeの数を表示しない仕様に変更か

SNSではしばしば、フォロワーやLikeの数がステータスとして重視される。Likeを多く得ることが出来るユーザーやコンテンツが力を持つこの時代だが、Instagramがその風潮に一石を投じるようだ。

2019年スーパーボウルハーフタイムショーが予定通り開催されるも賛否両論を呼ぶ

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手が自由契約となったことに端を発し、波乱続きとなった2019年スーパーボウルハーフタイムショーが今日放送された。

Tumblrが成人向けコンテンツの規制を実施

ブログサービスTumblrが大型のアップデートを実施し、成人向けコンテンツの投稿を今後一切不可能にすると発表 コミュニティガイドラインのアップデートについてした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。