Netflixの人気ドラマ『The Get Down』シーズン2の製作が打ち切りへ

Netflixがニューヨークのサウスブロンクスを舞台に70年代後半のヒップホップの成長やディスコの全盛期を描いた人気ドラマ『The Get Down』のシーズン2の製作が打ち切られたとアメリカメディアDeadlineが報じた

『The Get Down』はバズ・ラーマンが監督を務め、4月からシーズン1のパート2が公開され。シーズン1のパート1はヒットに恵まれず低視聴率が続き、さらに全エピソード12話に制作費を1億2000万ドル以上も費やし、Netflix史上最も制作費が高いドラマとして名前を刻んでいた。

今年の春に、監督であるバズ・ラーマンはVultureのインタビューで「シーズン2のオープニングの構想はすでに練ってある」と語っていたが、自身のFacebookで25日、『The Get Down』シーズン2の製作打ち切りについて謝罪のメッセージを投稿した。

投稿の中で、バズ・ラーマンは始謝罪し、自身の気持ちとは裏腹な打ち切りに至った「不幸」な理由を語った。「とても大きなパートナーでありサポーターでもあるNetflixとSonyの仕事が重なっていたからだ。一気に両方の仕事はできない」と打ち切りの理由を語り「映画を作るよ」と説明した。そして、バズ・ラーマンは終了を悲しむ自分やファンに向けて「いつか、どうにかして『The Get Down』のスピリットを復活させるべく奮闘する」と誓った。(野口耕一)

related

【コラム】Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSがもたらす悪影響を、実際にそれらのサービスに従事していたエンジニアたちの告発を基に描いたNetflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』がテック業界を中心に大きな話題を呼んでいる。

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。