ファーガソン黒人射殺事件の抗議行動を映した映画『Whose Streets?』の予告編

2014年8月ミズーリ州ファーガソンで高校を卒業したばかりのマイケル・ブラウンさんが警官と言い合いになり、発砲を受け殺された、いわゆるファーガソン事件。その後ブラウンさん射殺に対する大きな抗議活動に展開していった、この一連の経緯を映したドキュメンタリー映画『Whose Streets?』が今夏アメリカで公開される。『Whose Streets?』の予告編第1弾がYoutubeにアップされた。

 

今回アップされた予告編では、悲しみにくれるブラウンさんの両親や、抗議活動を展開する人々の様子などが切り取られている。制作者たちは同作について下記のメッセージを発信している。

『Whose Streets?』は屈しないファーガソンでの反乱をとらえている。無防備のマイケル・ブラウンが警察に殺され、そのまま何時間も放置されたとき、ミズーリ州の住民たちの怒りは極限状態になった。この悲劇に対し長年の人種間の緊張状態にさらされ、新たな怒りのパワーを得た住民たちは昼夜問わず抗議に繰り出したのだ。

映画『Whose Streets?』の情報はこちらから。

RELATED

GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開

2009年の結成以来精力的な活動を続け、野外フェス『全感覚祭』やレーベル『十三月』を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンドGEZAN。そんな彼らのアメリカツアー、アルバムのレコーディングを追ったドキュメンタリー『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開となった。

ヴィム・ヴェンダースの名作『ベルリン・天使の詩』がBunkamura ル・シネマで2週間限定上映

東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで5/3(金・祝)からの2週間限定でドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース監督不朽の名作『ベルリン・天使の詩』の上映が決定した。

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。