Chance the Rapperが『Coloring Book』のApple Musicの独占配信に関してのディールを明らかにする

Chance the Rapperが昨年リリースし、グラミー賞を受賞した『Coloring Book』に関するApple Musicとのディールを明らかにした。

Chance the Rapperはアルバムを2週間のApple Music限定配信としたが、その際Appleから50万ドル受け取っていたこと、そしてプロモーションのサポートを受けていたことをTwitterで公表した。

Chance the RapperはTwitterで「Appleと自分の関係を訂正しておかなくてはいけないと思ったことはないけど、多くの人が自分の独立性の信用を傷つけようとしてる」と懸念。その為、透明性をはっきりさせるためにAppleとのディールを公開した。

ChanceはアルバムをApple Musicで2週間の限定配信した後、SoundCloudにてフリー・ストリーミング公開した。

Chance the Rapperはお金が必要であったと述べ、Appleの人たちは良い人達だったと表現している。

Chance the Rapperはシカゴの公立高校に100万ドルを寄付し、ミシェル・オバマがそれを賞賛するなど、独自の活動を行っている。

いくらインディペンデント・アーティストとは言え、経済活動を行わなければいけないのは当然である。われわれは「お金を受け取っていればインディペンデントではない」と批判するより前に、何が「インディペンデント」であるかを考えなければならない。

RELATED

Chance The RapperがTwitterに「お気に入りの楽曲リスト」を投稿

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしたChance The Rapper。そんな彼が昨夜、Twitterで自身のお気に入りの楽曲を大量に投稿し話題となっている。

Chance The Rapperが新作への批判に対し「みんなに死ねと思われてるような気がする」と明かす

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしファンを大いに喜ばせたChance The Rapper。公私ともに絶好調にあるはずの彼だが、心の内に苦しみを抱えているようだ。

韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリストがスタート

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLが、Apple Musicのオフィシャルキュレーターとして、コラボレーションプレイリストを本日スタートさせた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。