サンダンス映画祭で公開されたFlying Lotusが監督をつとめた映画『Kuso』はグロテスクな描写に途中退席続出の怪作か!?

Flying Lotusが初監督をつとめた映画『Kuso』がサンダンス映画祭で期待の中プレミア上映されたが、多くの人がグロテスクな描写を見て、席を立ったと報道された。

『Kuso』は大地震に見舞われ、破滅的な状態となったLAを舞台に生き抜こうとする人々などを描いた映画で、SFやアメコミ、コメディーなどの要素が入った映画となっている。

注目のサウンドトラックには、ゲーム『サイレントヒル』のサウンドトラックを制作したAkira Yamaokaや、Aphex Twin、Flying Lotusのラッパー名義のCaptain Murphy、Thundercatなどが参加している。

ホラー・ムービーなどのレビューサイトBloody Disgustingは本作をLuis Buñuel監督の『Un Chien Andalou』や『The Holy Mountain』などと並べんで、精神がぶっとんだ怪作に位置づけている。

ジョージ・クリントンが巨大なゴキブリを肛門から出産するなどの描写があるそうだ。

トレイラーはこちらから。上映日は未定。

RELATED

映画『サウダーヂ』、『バンコクナイツ』などで知られる富田克也の最新作『典座 -TENZO-』がカンヌ国際映画祭に正式出品決定

『サウダーヂ』や『バンコクナイツ』などの話題作で知られる空族、富田克也監督の最新作『典座 -TENZO-』(2019年秋公開予定)が、5/14(火)より開催される第72回カンヌ国際映画祭で批評家週間「特別招待部門」へ正式出品されることが決定した。

Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』が5月にリリース | Anderson .Paak、Thundercat、Denzel Curry、Solangeなどが参加

コミック・ホラー長編映画『KUSO』の監督・脚本を手がけるなど、多彩な活動を繰り広げているFlying Lotusが、27曲を収録したニューアルバム『FLAMAGRA』を完成、5月にリリースとなる。 発表に合わせて自身とデヴィッド・ファースが手がけたトレーラー映像「FIRE IS COMING...

人気アメコミシリーズを映画化した『ヘルボーイ』が2019年秋に日本公開決定

4月12日に北米公開を迎え、大きな話題となっているダークホースコミックス原作の映画『HELLBOY』が、邦題『ヘルボーイ』として2019年秋に日本公開することが決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。