Nasのフェイバリットラッパーは?

アルバム『Hip Hp Is Dead』のリリースから10周年を迎えたラッパーのNasがRevoltのインタビューで次世代のラッパーの中から5人のフェイバリットラッパーを挙げた。また、同インタビューではNasが1998年に出演した映画『Belly』、オバマ大統領、クイーンズブリッジの歴史についても語っている。

Nasはなぜ彼らが自身の中でフェイバリットラッパーなのかという具体的な理由は語らなかったが、Kendrick Lamar、Drake、J.Cole、Lil Wayne、Rick Rossを挙げた。

以前、NasはKendrick、Drakeから影響を受けたと語っている。他の3人もNasとの楽曲での共演経験がある。5人のフェイバリットラッパーの中に自身のレーベル『Mass Appeal』に所属するラッパーDave East、Fashawnを挙げなかったところに公平にしたいという気概が感じられる。(野口耕一)

Via Hypebeast

related

Nasが「新しいアーティストの作品を継続的に聴くことはない」と語る

ヒップホップシーンにおいて伝説的な存在であり、なおかつ現在に至るまで精力的な活動を続けリスナーに存在感を示し続けてきたNas。そんな彼が、若いラッパーたちの楽曲について持論を語っている。

Nasがもう『Illmatic』を祝うことはやめると語る

Nasのデビューアルバム『Illmatic』といえば言わずと知れた名盤であり、リリースから25年経った今もなお、様々な形で同作を祝う催しが行われている。しかし、Nas本人からするともう『Illmatic』を祝われるのはこりごりのようだ。

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。