MISOミニインタビュー clubeskimoに所属する韓国の注目ビートメーカーに聞くシーンの現在

現在ヒップホップが盛り上がりをみせている韓国の中でも、独自のサウンドで注目されているのがDEANやCrushが率いるクルーclubeskimoだ。90'sのR&Bなどから影響を受けた、チルでメロウなビートを操るビートを操るMillicや、今年YGのサブレーベルHIGHGRNDからデビューEPをリリースしたばかりのラッパーPunchnelloなどの注目アーティストが自由に活動を続けるコレクティブだ。clubeskimoのメンバーで昨年パリで開催されたRed Bull Music Academyにも選出されたビートメーカーでシンガーのMISOが10月に来日公演を行うとのことで、謎の多いclubeskimoについてや、彼女から見た韓国のシーンについて話を聞いた。

取材・構成 和田哲郎 取材協力 YonYon(BRIDGE)

- 最初に音楽に興味を持つようになったのはいつですか?

MISO - 幼い頃から両親が、家でクラシックとかジャズをずっと聴いてて、それを自然に聴くようになって、当時は両親の影響もあって、チェロとかフルートを習ってました。

MISO

- 前に読んだインタビューで90年代のR&Bなどに影響を受けたと言っていたんですが、そうした音楽にはどのように出会ったのですか?

MISO - 私はイギリスに住んでたので、当時周りで90年代のR&Bがすごい流行ってて、ナチュラルに入ってきたし、学校から帰ってきてすぐにMTVチェックしたりとか、アーティストのミュージックビデオを見るのが楽しみでしたね。当時好きだったアーティストはAaliyahとかJennifer Lopez、Busta Rhymez、Usher、R.Kellyとかですね。あとはTLC、Mary J Blige、Brandy、Janet Jackson、City High、Erykah Baduも好きです。生まれたのは韓国で3歳のときに、イギリスに引っ越して10年間暮らして、韓国に戻ってきました。

- イギリスから韓国に戻って音楽の趣味は変わったりしましたか?

MISO - 基本的には変わらなかったけど、韓国に戻ってからは、韓国のアンダーグラウンドのヒップホップとかR&Bのアーティストをチェックするようにはなりましたね。韓国のアーティストで当時好きだったのは、FanaやThe Quiett、Eternal Morning、Verbal Jintですね。

 

- 実際にビートを作り始めたのはいつですか?

MISO - 19歳のときに始めました。FL Studioをダウンロードしたのが、ささやかなきっかけでしたね。周りにはあまりプロデューサーはいなくて1人で始めました。clubeskimoに入ったのは、友達の友達の紹介でclubeskimoのMillicと知り合って、そこから彼に直接声をかけてもらって入りました。

clubeskimoに入る前は別のレーベルと契約直前だったんですけど、正直自分の中で心の準備がまだできてなくて、その前に一緒に音楽ができる仲間がいたらいいなと思って相談してたら、clubeskimoを紹介してもらったんです。clubeskimoのメンバーとは一緒に作業するとき以外でも、プライベートで遊んだり、旅行に行ったりしてます。clubeskimoに入ってくるメンバーはSoundCloudとかSNSで仲良くなったりして、クルーに入ることが多いですね。

- 今後clubeskimoでアルバムなどを作る予定はあるのですか?

MISO - 出すつもりはあるんですけど、まだいつになるかはわからないですね。それぞれがすごい忙しくて。

- MISOさんはなんでレーベルに入るのを一度やめたんですか?

MISO - clubeskimo自体もレーベルといえばレーベルなんですが、インディペンデントだし、自分の力でどこまでいけるか試してみたかったんですよね。今はclubeskimoでお互い刺激しあっている状況なので、今後自分がどうやって音楽をやるか模索している最中ですね。去年RBMAに参加したのは募集してたから、ノリで応募してみたら受かっちゃって、まさか自分がって感じでしたね。RBMAはいろんな国の参加者が来るし、それまで自分が考えてたこれが音楽だって以上に、音楽って深くて広いものだってことを知るきっかけにもなったし、今までずっと部屋で1人で音楽を作ってきたのが、毎日いろんな人とセッションしたりする行為が、自分には新鮮だったし、いろんな国のプロデューサーがバックグラウンドで持っているカルチャーが、目に見えてわかるから、文化の違いっていうのは面白いんだっていうのを感じましたね。

- RBMAから帰ってから、作る音に変化はありましたか?

MISO - 作る音は直接的には変化はないですね、でも参加者を通じて知った新しい技術とか、音楽を作る上での考え方の視野が広がったっていうのはありますね。

- 韓国の今の音楽シーンの状況について教えてください。DeanやCrushは今やメインストリームに近い存在ですよね。

MISO - 元々韓国といえばK-Popで、韓国といえばアイドルというイメージが強かった中、DeanやCrushの登場によって、アンダーグラウンドのヒップホップとかR&Bとかのシーンが注目されるようになったのは、すごいいいことだなと思ってます。でも正直、ヒップホップやR&Bが大衆化してしまって、本当のアンダーグラウンドはなんなのかってなった時に、RBMAに参加したことが大きくてテクノやジャングルとか、もっとコアな音楽は世の中にあふれているのに、韓国の人たちはそれを知らないから。あるのを知ってても認めないのが、大きな問題で、韓国のシーンを動かしている人たちがそういうアンダーグラウンドな音楽を紹介してくれたらもっといいなと思いますね。

- それは韓国のシーンがアメリカに大きな影響を受けすぎているからというのもあるんですかね。

MISO - やっぱり、テクノとかジャングルとか、グライムとかもそうですけど、ヨーロッパの音楽というよりも、アメリカのポップスが聞かれやすい状況になってて、K-Popの曲もアメリカをルーツにしてるから、そういうところはあると思います。

- そんなシーンの中でMISOさんはどういったアーティストになっていきたいですか?

MISO - 一番好きな音楽はヒップホップやR&B、ジャズですが、ジャンルに縛られない純粋な音楽をやりたいと思ってますし、自分だけにしか作れない何かっていうのを今後追求していきたいと思ってますし、将来的には映画の音楽とかもチャレンジしてみたいなと思ってますね。今はシングルがリリースされてちょうどミュージックビデオもリリースされたところなのでチェックしてください。

related

【インタビュー】人見太志(グローバル・ハーツ 取締役)|『パンデミックで変わる音楽業界のビハインドザシーン』Vol.1

大型音楽フェスの相次ぐ中止やライブ公演の延期など、現在世界中で巻き起こるコロナ禍の影響で、厳しい局面を迎えている音楽業界。そこでFNMNLでは、黒子に徹する人々や陰ながら音楽シーンに貢献する要の人物たちの率直な想いについて聞いた。彼らは現在の市場、あるいは今後の音楽シーンをどう見つめるのか。第一回目は、渋谷界隈のクラブシーンを牽引する「VISION」や「Contact」の運営元であるグローバル・ハーツから、取締役の人見太志氏が登場。

【インタビュー】藤原ヒロシ 『slumbers 2』|モダンなポップアルバムから読み解く思想

藤原ヒロシが約3年ぶりのフルアルバム『slumbers 2』をサカナクションが主宰するレーベル・NF Recordsからリリースした。本作のベースになっているのはハウス、ダブ、ガラージ、レアグルーヴといったダンスミュージックだ。もちろん彼はそれらをリアルタイムで経験しているが、このアルバムには懐古主義な古臭さが一切ない。感じるのはむしろフレッシュな初期衝動で、ディティールにベテランならではの洗練さを漂わせる。このアルバムの制作について話を聞いた。

【特集】Life with Tattoo Vol.2|『タトゥー彫り師医師法違反事件』を担当した亀石倫子弁護士 インタビュー

今回FNMNLでは、タトゥーへの理解を深め、より私たちの社会にとって身近に捉えるための特集をスタート。様々な形でタトゥーに関わる人々を通して、クールなファッションや自己表現として存在しながら、同時に社会の奇妙な歪みの煽りを受けてきたこの文化について改めて考えることを目的とした本特集。 Vol...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。