SoundCloudにDJ MIXをアップロードできる日がやってくる

もうDJ MIXがSoundCloudから削除され、アカウントがBANされることもなくなる。と、SoundcCloudの創始者Eric Wahlforssがインタビューが驚きの方針を語った。

Groove magazineの最新インタビューにて、Eric Wahlforssは音楽ライセンスを取りまとめるドイツの会社GEMAと包括的な契約を結んだと発表した。この契約によって著作権の問題によってアップロードできなかったDJ MIXをSoundCloudにアップロードできるようになると見られている。

2010年からSoundCloudは著作者がコンテンツを勝手にアップロードさせないように、チェックできるプログラムを導入していた。事前にライセンスの問題をクリアしているユーザーのみが著作物を含むMIXをアップすることができ、もしそれ以外のユーザーがアップした時には警告のメールが来て、削除されたり、最悪の場合アカウントが消去された。

今年6月にFour Tetは、自身の楽曲をアップロードした時に「著作権」の問題で削除されてしまい、このシステムを「クソ」と呼んだことも話題になった。

via RA, FACT

related

Mix for Weekenders Vol.7|Selected by nutsman、Stupid Kozo、KIRAYAMA

インターネット上にアップロードされているDJミックスの中から、週末を楽しむのにぴったりな物を紹介する連載企画『Mix for Weekenders』。

Smokepurppが「史上最高のSoundCloudラップ5曲」を選ぶ動画が公開

Lil Pumpと共にSoundCloudラップを牽引してきたことで知られ、先日ニューアルバム『Deadstar 2』をリリースしたSmokepurpp。そんな彼が、「史上最高のSoundCLoudラップ5曲」を選びコメントと共に紹介する動画がComplexから公開された。

SoundCloudが利用規約の変更を予告|新たに15曲以上のアップロードには課金が必要に

気軽に音源をアップロード出来る便利さから多くのアーティストに親しまれるSoundCloud。これまで資金不足や閉鎖の噂、またアップデートに伴う改悪などで物議を醸してきた同サービスが、一般ユーザーにとって重要な変更に踏み切るようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。