Smokepurppが「史上最高のSoundCloudラップ5曲」を選ぶ動画が公開

Lil Pumpと共にSoundCloudラップを牽引してきたことで知られ、先日ニューアルバム『Deadstar 2』をリリースしたSmokepurpp。そんな彼が、「史上最高のSoundCLoudラップ5曲」を選びコメントと共に紹介する動画がComplexから公開された。

Smokepurppが最初に紹介したのは自身の楽曲“Audi”。「“Audi”が出た時はクレイジーだった。みんなはあの曲がSoundCloudの“Faneto”だと思ったんだ。(中略)曲が流れればみんなが騒ぐ、エネルギーに満ちた曲だ。“Audi”はリリースされる1年前ぐらいに作ったんだけど、レーベルと契約したときにリリースした方が良いって言われたんだ。俺は“いや、これは好きじゃないよ”って感じだった。ドロップしたくなかったけど、彼らは俺に何も言わずリリースした。それから誰もが夢中になった。俺もライブでやり始めた。(中略)DJもあらゆるタイプのリミックスを作り始めた、EDMリミックスとかな。あの曲はゲームをクレイジーにしたんだ」と語り、当初同曲をリリースする意思が無かったという意外な事実を明かしている。

次に彼が挙げたのは昨年6月にこの世を去ったXXXTentacionnの“Look at Me!”。「“Look at Me!”がSoundCloudで出たときはクレイジーだったよ。 エネルギーがヤバくて、伝説的な曲だ。Xは伝説的なアーティストだと思うし、彼が出て来るきっかけになった曲だ」と、XXXTentacionの功績を賞賛している。

続けてPost Maloneの“White Iverson”とLil Yachtyの“Minnesota”についてそれぞれ「SoundCloudで初めて本当にヒットした曲」「新しい音楽だった」とコメントし、最後に挙げたのは自身の相棒Lil Pumpの代表曲“Gucci Gang”。「“Gucci Gang”はSoundCloudでヒットして、メインストリームになった曲の一つだ。“White Iverson”と同じようにな。SoundCloudから出てきて、Billboardで1位か2位になった。でも、間違いなくSoundCloudから出てきたものなんだ」と、自分たちのルーツとなったSoundCloudシーンに対する思い入れを語っている。

SmokepurppがSoundCloudラップを紹介する動画の全編はこちらから観ることが出来る。

related

SoundCloudが利用規約の変更を予告|新たに15曲以上のアップロードには課金が必要に

気軽に音源をアップロード出来る便利さから多くのアーティストに親しまれるSoundCloud。これまで資金不足や閉鎖の噂、またアップデートに伴う改悪などで物議を醸してきた同サービスが、一般ユーザーにとって重要な変更に踏み切るようだ。

Lil Teccaの“Ransom”がSoundCloudチャートで1位だった期間の最長記録を更新

現在、スターダムをものすごい勢いで駆け上がっている17歳のラッパーLil Tecca。そんな彼の代表曲である“Ransom”が長らくPost Maloneが保持していたSoundCloudでの記録を塗り替えた。

Smokepurppが6ix9ineの元恋人に「俺の3番目の彼女になれ」と呼びかける

複数の凶悪犯罪で逮捕されていながら、今後半年以内に出所出来る可能性が浮上している6ix9ine。そんな彼との間に一児を持ち、以前彼をディスするコント動画を制作していた元恋人Sara Molinaに、Smokepurppがラブコールを送っているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。