米大統領選挙でGoogleとFacebookがフェイクニュースを拡散したことにより、ネットへの不信感高まる

現代は誰でも瞬時にネットから情報を得ることができるようになった。しかし、それらの情報は全てが正しいというわけではない。この記事を読んだ後には、ネットで得る情報を今まで以上に疑ってかかることになるはずだ。

 

米大統領選挙中に誤情報を流したニュースサイトに対して、業界最大手であるGoogleとFacebookの2社は、広告配信に関するサービスを変更すると発表した。フェイクニュースを配信したサイトには広告収入を得ることができないようにするとのこと。

Googleはトランプの得票数に関しての誤情報を流したことを認めた。Facebookはトランプの当選を助長する情報を流したとの疑いがかけられている。Facebook最高経営責任者のMark Zuckerbergは「フェイクニュースが選挙に影響を与えたなどという考えはばかげている」とコメント。しかし「我々はフェイクニュースを撲滅できるよう今後も取り組んでいく」との声明を発表している。

フェイクニュースを削除することは、ユーザーから投稿の自由を奪い、検閲を行うことに等しい。だが削除を行わず野放しにしておくこともできない。どのような対策を取ることが適切なのだろうか。今後の動きに注目していきたい。

また今回の米大統領選挙では「ヒラリー・クリントン、トランプ勝利なら内戦呼び掛け」や「ローマ法王、トランプ氏支持表明し世界に衝撃」などのフェイクニュースも拡散されている。(岡本)

RELATED

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

InstagramがLikeの数を表示しない仕様に変更か

SNSではしばしば、フォロワーやLikeの数がステータスとして重視される。Likeを多く得ることが出来るユーザーやコンテンツが力を持つこの時代だが、Instagramがその風潮に一石を投じるようだ。

Cardi Bのトランプ政権批判動画を用いた楽曲が誕生

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかける動画が先日投稿された。動画は多くの反響を呼び、1500万回を超えて再生された。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。