11/16 20:00~『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』について徹底討論するインターネットラジオ番組が生放送

昨年から定期的にRed Bull Studioから生放送されているインターネットラジオ「ポコラヂ」番組内で、本日、音楽業界で話題の本『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』をテーマに徹底討論会が行われる。

 

ポコラヂは、文化批評雑誌を刊行しているRhetoricaチームとマルチネレコードのtomadらが、毎回アーティストらをゲストを迎えて、たわいもない感じで、さまざまなテーマについて話す番組。本日のテーマは音楽はどうしてタダになっていったのか・・・を技術や産業などの視点から解明する『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』という本について。FNMNLでもこの本のことをニュースにしたところ、大きな反響があった書籍だ。

ポコラヂは11/16 20:00よりUSTREAMで配信される。

『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』についてはこちらを参考に。

『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』mp3の生みの親、大手レーベルCEO、CDを盗む工場労働者たちのノンフィクション群像劇

related

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

Stone Islandの歴史を集約した書籍『STONE ISLAND: STORIA』が刊行

1982年にイタリアで設立されて以来、最先端のアウターウェアとして世界中において熱狂的なファンを獲得してきたブランドStone Island。

現代のアメリカのポップミュージックに迫る高橋芳朗による書籍『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行

音楽ジャーナリスト/選曲家として活躍する高橋芳朗による新刊『ディス・イズ・アメリカ 「トランプ時代」のポップミュージック』が刊行された。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。