「JuJu on That Beat」バイラルヒットの影で動く、レーベルのスピード交渉術

最近USではVine(RIP)やSnapchat、InstagramなどSNSにアップされたダンス動画を起点にヒットする曲が増えている。

 

例えばSilentoの"Watch Me"はビルボードチャートで最高3位を記録し、iHeartMemphisの"Hit the Quan"は最高15位だ。

どちらもダンス動画で広がっていき、ビッグヒットにつながったが、今その形でヒットしているのが"JuJu on That Beat"だ。Zay HilfigerとZayion McCallの2人によって5分で作られたという"Juju on That Beat (TZ Anthem Challenge)"は3週間でビルボードチャート11位まで到達している。

「みんなダンス動画を探し続けているし、みんなそれに魅きつけられてるんだよ」と"JuJu on That Beat"をリリースしたArtist Partners Group(Atlantic Recordsの傘下)のA&RのJeff VaughnはBillboardの取材に対して答えている。

ちなみに"JuJu on That Beat"が流行ったきっかけは、ヴァージニアの高校生のユニットFresh the Clownsが8月にアップした動画だ。現在この動画は1200万回再生を記録しているが、ヒットし始めたのは9/7だ。

 

この動画を見たJeff Vaughnは、この曲がまだどこでも売られていないことを確認すると、すぐさまZay HilfigerとZayion McCalにコンタクトをとり9/20に会ったという。2人はすぐに契約したものの、同曲には1つ問題があった。Crime Mobの2004年のヒットチューン"Knuck If You Buck"をサンプリングしていたのだ。

サンプリングの許諾を取るのに時間がかかってしまい、リリースまで遅れてしまい販売のタイミングを逃した曲は数多い。しかし幸運なことに"Knuck If You Buck"はArtist Partners Groupの姉妹レーベルのWarner Bros.からリリースされていたため、Vaughnはわずか72時間でサンプリングの許諾をとり、2人が契約書にサインしてからわずか一週間弱でiTunesでのリリースにこぎつけた。

総じてダンスからヒットする曲は消費のスピードが速く、トレンドの時期を逃すとビジネスにはつながらなくなってしまう。「消費のスピードが速すぎると、燃え尽きるのもとても速いと思うが、"JuJu on That Beat"に関してはそうならないよ。我々はとても速く動いたし、プロモーションも始められたからね。一度チャートを登って行ったら、それはそのまま続いていくよ。爆発だね」とVaughnはさらに"JuJu on That Beat"を売っていくつもりだという姿勢を示した。

related

SNSとVault by Vansの最新コラボレーション

ストックホルム発のブランドSNSがVault by Vansとの最新コラボレーションを発売する。

現代の子どもたちがSNSで直面する危険をさらけ出すドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』 が日本公開決定

昨年チェコで制作されたドキュメンタリー映画『SNS-少女たちの10日間-』が日本で公開されることになった。

DJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』

PioneerDJが公開したDJやダンスミュージックシーンとSNSの関係を映すドキュメンタリー『INSTA DJ』に日本語字幕が新たに追加された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。