坂本龍一やクロエ・セヴィニーが登場!KENZO x H&Mキャンペーン画像&ルックブック全アイテムが公開

2016/11/3(木)に発売される、デザイナーコラボ「KENZO x H&M」コレクションの新たなキャンペーンイメージと、同コレクションによるルックブックの全アイテムが同時公開された。

キャンペーンのアンバサダーとして登場するのは、ファッション、音楽、アート、環境活動など、さまざまな分野で世界的に活躍している7名。そして彼らアンバサダーを主役としたキャンペーン画像を手掛けるのは、半世紀にわたって最も影響力のあるファッションや音楽の写真に貢献してきた写真家のJean-Paul Goudeだ。

 

アンバサダー7名のうち、ヒップホップ・アーティストのChance The Rapper、活動家でありイマン・コスメティックスの創業者であるスーパーモデルのIman、ラッパーのSuboiはすでに発表されていたが、今回新たに公開されたキャンペーン画像には、女優であり活動家のRosario Dawson、ミュージシャンであり作曲家の坂本龍一、女優のChloë Sevigny、そして活動家でありアース・ガーディアンズのリーダーも務めるXiuhtezcatl Martinezが登場。色鮮やかなアイテムを身に着けた躍動感ある姿を披露している。

6106_09_sRGB_300dpi

H&M

坂本龍一のインタビュー動画はこちら。

 

さらに、KENZO x H&Mコレクションのすべてのルックブック画像も同時公開された。どれもがプリント、カラー、そして個性に溢れており、今回のコラボレーションを特徴づけている。このルックブックでは、多様なアーティストや若いクリエイティブ集団、活動家たちを撮影している。

H&M

H&M

H&M

H&M

H&M

KENZO x H&M コレクションは、世界の限定250以上のストアおよびオンラインにて発売される。

 

[国内展開店舗]

・H&M原宿、銀座、渋谷、新宿、名古屋松坂屋、心斎橋(ショッピングのプレエントリー終了)

・オンラインストア(hm.com)

KENZO(楽天)

RELATED

H&Mが正式にグラフィティ・アーティストに対する訴訟を取り下げるもアーティスト側が逆にH&Mへの訴訟を検討中

先週大きな話題となったH&Mが、グラフィティアーティストなどのストリートアート作品は、著作権法の適用外だと訴えた裁判。

H&Mがストリートアートは著作権法の運用外と訴えた裁判を取り下げると発表

昨日H&MがグラフィティアーティストのREVOKを相手取り、グラフィティやストリートアートなど、公の場所などに無許可で制作された作品は著作権法の適用外だとNYの連邦裁判所に訴訟を起こした一件を伝えた。

H&Mが無許可のストリートアートやグラフィティは著作権法の適用外であり企業やブランドは自由に使用可能と訴訟をおこす

先日ニューヨークのグラフィティ・アーティスト21人が、グラフィティの聖地であるクイーンズ区ロングアイランドシティの倉庫ビル(通称5Pointz)の壁画の取り壊しに関する裁判に勝訴したことを、FNMNLでも伝えた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。