A$AP RockyがMTVと結んだ契約の中身は・・・

アメリカのTV局であるMTVがA$AP Rockyと、「革命的」な契約を結んだと発表した。

 

報道によれば、MTVの知的所有権を発展させる形で、A$AP Rockyのオリジナルコンテンツを広告に用いる契約が両者の間で結ばれたとされている。A$AP Rocky自身が所有する会社AWGEがMTV Labsと称されるベンチャー・レーベルを設立し、それを中核にMTVの新しいコンテンツ作成を行うとのこと。

「俺が思うに、みんなもっと写真やビデオ・クリップに理解を示すべきだと思う」と語るA$AP Rockyだが、その真意は若者のクリエイティビティ増進への熱い想いにあるという。

彼はインタビュー内で、「スナップチャットやインスタグラム、他のインターネットとか、15秒から30秒ほどの短いビデオ・クリップが世界を動かしているんだよ。これこそが大事なんだ」と前置きしたうえで、「俺らみたいなバックグラウンドを持つ子供や若い人たちの想いを探る時期が始まったんだ」と述べ、写真やビデオを中核としたコンテンツ事業拡大こそが、若者のクリエイティビティに近づける重要な方法だと語っている。

「本気で取り組めば型破りの発想だってできる」と熱弁するA$AP Rocky。MTVとの契約期間は2年で、早速Instagram上でLil Uzi Vertも登場したムービーなどいくつかの作品をアップしている。(伊藤)

Via Complex

RELATED

A$AP Rockyに有罪判決と2年間の保護観察処分が下される

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こしたことにより、1ヶ月にわたり拘留された後、現在はアメリカに戻ってきているA$AP Rocky。トランプ大統領が動くなど国家間をも巻き込む大騒動となったこの事件だが、ついに彼に判決が下された。

裁判中のA$AP Rockyが有罪の判決を受けた場合スウェーデンに戻る可能性が浮上

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月にも及ぶ拘留の後裁判の結果を待つ間アメリカへの帰還を果たしたA$AP Rocky。彼を解放するためにトランプ大統領が直々に動くなど異例の事態に発展したことも話題を呼んだが、彼が完全に自由の身となりこのまま無事にアメリカで暮らせるわけではない可能性が浮上しているようだ。

アメリカ政府がA$AP Rockyを釈放するようスウェーデン政府に圧力をかけていたことが明らかに

スウェーデンで一般人二人と乱闘騒ぎを起こし、数週間に及ぶ拘留の末釈放されたA$AP Rocky。現在は裁判の判決を待っている彼の釈放には、度々介入を行っていたアメリカ政府の動きが影響していたようだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。