SkrillexやGrimesも参加した『スーサイド・スクワッド』サウンドトラックが配信スタート

DCコミックの漫画シリーズに登場する数多くの悪役スターたちが、一堂に会する注目の映画『スーサイド・スクワッド』の公開に先立ち、サウンドトラックの配信がiTunesでスタートした。

サントラにはSkrillexとRick Rossの重量級コンビによるビッグチューン"Purple Lamborghini"やGrimesによるマッシブな“Medieval Warfare”、注目のR&BシンガーKehlaniによるムーディーな“Gangsta”など全14曲を収録している。

またSkrillexとRick Rossによる"Purple Lamborghini"のミュージックビデオもあわせて公開された。Justin BieberやKendrick Lamarなど数多くのトップアーティストの作品を撮ってきたColin Tilleyによるこのミュージックビデオには、ジャレッド・レト扮する稀代のヒール、ジョーカーも登場!レト曰くDavid Bowieにインスパイアされたというジョーカーの存在感を映画より早く体感してほしい。

 

『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックは8/24にはCDもリリースされる。

<Release Info>

 

Suicide Squad

『スーサイド・スクワッド:ザ・アルバム』(Atlantic Records)

1) Skrillex & Rick Ross – “Purple Lamborghini”
2) Lil Wayne, Wiz Khalifa & Imagine Dragons with Logic and Ty Dolla $ign (feat. X Ambassadors) - “Sucker For Pain”
3) Twenty One Pilots – “Heathens”
4) Action Bronson & Dan Auerbach (of The Black Keys) [Feat. Mark Ronson] – “Standing In The Rain”
5) Kehlani – “Gangsta”
6) Kevin Gates – “Know Better”
7) Grace – “You Don't Own Me (feat. G-Eazy)”
8) Eminem – “Without Me”
9) Skylar Grey – “Wreak Havoc”
10) Grimes – “Medieval Warfare”
11) Panic! At the Disco – “Bohemian Rhapsody”
12) War – “Slippin' Into Darkness”
13) Creedence Clearwater Revival – “Fortunate Son”
14) ConfidentialMX – “I Started A Joke (feat. Becky Hanson)”


スーサイド・スクワッド
日本公開:2016年9月10日(土)
http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad/index.html

RELATED

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

映画『サウダーヂ』、『バンコクナイツ』などで知られる富田克也の最新作『典座 -TENZO-』がカンヌ国際映画祭に正式出品決定

『サウダーヂ』や『バンコクナイツ』などの話題作で知られる空族、富田克也監督の最新作『典座 -TENZO-』(2019年秋公開予定)が、5/14(火)より開催される第72回カンヌ国際映画祭で批評家週間「特別招待部門」へ正式出品されることが決定した。

人気アメコミシリーズを映画化した『ヘルボーイ』が2019年秋に日本公開決定

4月12日に北米公開を迎え、大きな話題となっているダークホースコミックス原作の映画『HELLBOY』が、邦題『ヘルボーイ』として2019年秋に日本公開することが決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。