Juice WRLDが自身とガールフレンドの破局を望むファンに「黙れ」と発言

“Lucid Dreams”や“All Girls Are The Same”などエモーショナルな楽曲で大ヒットしたJuice WRLD。失恋などをテーマにした歌詞を多く書いている彼だが、どうやら実生活も楽曲通りになることを望むファンもいるようだ。

Juice WRLDは昨日、Twitterにて自身と現在交際中のガールフレンド「Lotti」をモデルにしたコミックの画像をアップし、彼女への感謝を述べた。

「本当のラブストーリーだ。マジで、今年俺が受け取った贈り物は今まで貰った中で最高のものだ。ありがとうlotti、死ぬまで君を愛し続けるよ。俺の天使」「彼女は俺が望む全てだ」とハートの絵文字付きで綴り彼女への愛をこれでもかと表現するJuice WRLDだったが、心無いファンが二人の破局を望んでいることについても言及。

「“彼を振ってくれ、そうすれば失恋の曲をもっと聴けるから”だとか“二人が別れたらアルバムが出る”って抜かすクソッタレに言いたい、黙れ。俺が幸せになるのを見たくないファンは偽物だ」と怒りを露わにしている。「俺は上がってるときや下がってるとき、幸せや悲しみ、新しい時計が欲しいことや、俺の中の悪魔を滅ぼしたいことについて、自分が感じたことを音楽にしているんだ」と語る彼は、「必ずしも失恋の曲だけを作りたい訳ではない」というもっともな主張をしている。

エモーショナルな楽曲でカリスマ的な支持を受けたアーティストには破滅的な実生活を望むファンも多いが、Juice WRLDもアーティストである前に一人の人間だということなのだろう。どうか恋人と幸せな人生を歩んで欲しい。

RELATED

Juice WRLDの“Lean Wit Me”が自身の楽曲を剽窃しているとして十代のアーティストが訴訟を起こす

以前は大ヒット曲“Lucid Dreams”のサンプル使用料を巡る争いに巻き込まれていたJuice WRLDが、またしても新たな訴訟問題を抱えているようだ。

【インタビュー】Juice WRLD | 自分だけのためじゃなくみんなのために

シカゴ出身の19歳のラッパーJuice WRLD。とっつきやすいメロディアスなフロウと、失恋など普遍的なテーマを描く彼のエモーショナルなリリックは、いま多くの同世代のファンを掴んでいる。

Juice WRLDが“Lucid Dreams”のサンプルを巡ってSting側との争いについて「腹を立てていない」とコメント

今年を代表するヒット曲の1つとなったJuice WRLDの“Lucid Dreams”。Stingのクラシック“Shape of My Heart”をサンプリングしている同曲のサンプル使用料が話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。