Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位に | Travisにとって初の快挙

今週月曜日、Travis Scottの“Sicko Mode”が全米シングルチャートで1位を獲得した。ミュージックビデオも公開された同曲、シングルチャートで1位を記録したのはTravis Scottのキャリアで初めての快挙となる。

この出来事を祝って、“Sicko Mode”にフィーチャーされたDrakeが「ビルボード1位おめでとう、兄弟。素晴らしい一年の終わり方だ」という祝福のメッセージをInstagramにて公開。自身の参加した曲がまたしても1位を獲得したことで、Drakeも喜んでいる様子だ。Instagramの投稿にはFutureが送ったというDrakeが打ち立てた記録の一覧も添えられている。

それを受けたTravis ScottもTwitterにて「Drizzyは俺の兄弟だ。あの曲は1位を獲ると思ってたよ、ありがとう」と投稿。

また、“Sicko Mode”がこのタイミングで1位を獲ったことにはSkrillexによるリミックスが公開された影響もあるため、Billboardに発表したコメントにおいて「俺とDrakeはキッズのためにヤバいものを作ろうとしてきた。それが1位になったなんて最高だよ。DrakeとOVOのみんなに感謝したい。あと、Skrillexにも愛を」と、Skrillexにも感謝の気持ちを表している。

まさしく名実ともに現在のシーンを代表するアーティストとなったTravis Scott。彼が次にシングルをチャートの1位に送り込むのはいつになるのだろうか?

Info

トラヴィス・スコット|Travis Scott
『アストロワールド|『Astroworld』
発売中
<国内盤CD>
歌詞対訳付 / SICP-5801 / 2,200円+税
[トラックリスト]
01. スターゲイジング
02. カルーセル
03. シッコ・モード
04. R.I.P.スクリュー
05. ストップ・トライング・トゥー・ビー・ゴッド
06. ノー・バイスタンダーズ
07. スケルトンズ
08. ウェイク・アップ
09. 5%ティント
10. NC-17
11. アストロサンダー
12. ヨセミテ
13. キャント・セイ
14. フゥー?ホワット!
15. バタフライ・エフェクト
16. ヒューストンフォーニケーション
17. コーヒー・ビーン
<輸入盤CD>
2018年10月19日(金)発売
<配信アルバム>
試聴/購入リンク:
https://SonyMusicJapan.lnk.to/ASTROWORLD
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

RELATED

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

今週のアルバムチャートの1位がTravis Scottの『Astroworld』ではなく6ix9ineの『DUMMY BOY』だったことが明らかに

先日、ニューアルバム『DUMMY BOY』を無事リリースした6ix9ine。現在、勾留中の彼にとってはいわゆる曰く付きのアルバムとなったわけだが、最新のビルボードアルバムチャートでは初登場1位を獲得すると見られていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。