大比良瑞希によるフィッシュマンズ"いかれたBABY"のカバーのミュージックビデオが公開

名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』シリーズのスピンオフ、和物盤『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』の第7弾、『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME7~IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLECTIONS~』が、本日11/28にリリース。収録曲である大比良瑞希によるフィッシュマンズの"いかれたBABY"のカバーのミュージックビデオが公開となった。

ミュージックビデオは大比良の歌唱力を堪能できるカットのみならず、バンドの演奏シーンも盛り込まれた映像に。脇を固めるバンドメンバーには、チェロに大比良のプロデューサーでもあり今回の楽曲アレンジも担う伊藤修平、キーボードにはShowmoreの井上惇志、ベースはCRCK/LCKSやCICADAでも活躍する越智俊介、ドラムスには同じくCICADAの櫃田良輔といった、これまで大比良のオリジナル楽曲のレコーディングやライブでもお馴染みの盟友といえるアーティストたちを迎え、さらにブラス&ストリングスメンバーも参加した華やかな編成での映像となっている。

初のカヴァー曲&初のバンド編成でのMVは、新世代エレクトロバンドとして注目を集めるsui sui duckのメンバーであり、バンドのMV制作やアーティスト写真の撮影もこなすアートディレクター・高橋一生によるディレクションで制作された。

Info

COMPILATION ALBUM
『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS VOLUME 7
~IN THE MOOD FOR JAPANESE LOVERS COLLECTIONS~』
発売日:2018年11月28日
品番:AICL-3596  価格:¥2,400+税

収録楽曲:
Fiction Romance / VIDEOTAPEMUSIC
02.ラビリンス【Vocal;満島ひかり】(DUBFORCE Mix) / MONDO GROSSO♯初CD化
03.THANK YOU FOR THE MUSIC / bonobos
04.RUNNIN' AWAY / FRISCO feat. CHEE
05.いかれたBABY / 大比良瑞希#未発表音源 初CD化
06.I DON'T WANT THIS LOVE TO END(Full Version Mix)
/ KODAMA & GOTA featuring JANET KAY
07.雪の華(Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin' mix) / 中島美嘉#初CD化
08.Christmas Time In Blue(Original Version) / 佐野元春
09.DRIP DRY EYES / SANDII
10.スカートの砂 / UA
11.ウォーリー・ビーズ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド
12.おてもやん / 民謡クルセイダーズ
13.なんてキミドリだ今日feat.小玉和文 / キミドリ
14.回想 / 高橋幸宏

RELATED

大比良瑞希によるフィッシュマンズの"いかれたBABY"のカバーが公開

2000年代を代表するカルチャーマガジン『relax』の特集から誕生した、スウィート&メロウなレゲエ、ラヴァーズ・ロックを集め人気を博した名物コンピレーション、『RELAXIN’ WITH LOVERS』のスピンオフ『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS』。

大比良瑞希の3ヶ月連続リミックスシングル企画 | トリを飾るKai Takahashiによる"Real Love"のリミックスがリリース

tofubeatsによる"アロエの花"のリミックス、STUTSの"見えない糸 〜Never Be The Lonely One〜"リミックスと続いてきた大比良瑞希の3ヶ月連続リミックスシングル企画。

大比良瑞希によるリミックスシリーズでSTUTSが"見えない糸"をリミックス

シンガーの大比良瑞希が昨年発表した配信シングルを様々なリミキサーによるリミックスを3カ月連続で配信する企画。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。