ジョニーウォーカーのオンラインライブシリーズ『The LIVE-HOUSE』がスタート|STUTS、大比良瑞希らによるライブ動画が6月より公開

世界No.1のスコッチウイスキーブランド、ジョニーウォーカーによるオンラインライブシリーズ『The LIVE-HOUSE』が6月18日(金)よりスタートする。

ジョニーウォーカーが「KEEP WALKING 迷ったら、ときめく方へ。」とのメッセージを伝えることべく、直感を信じて歩き続けるアーティスト達によるライブとトークを届ける『The LIVE-HOUSE』。SPACE SHOWER TVの制作協力を受けて実施され、SPACE SHOWER TVのYouTubeチャンネルにて公開される同プロジェクトは、通常のライブ会場ではなく本音が聞ける彼らの「プライベート空間」で、アーティスト達の人生におけるさまざまな決断などをテーマにしたトークとライブパフォーマンスを体験することが出来る。

出演アーティストとして、幅広いフィールドで活躍し、数多くのアーティストにトラックを提供するビートメーカーSTUTS、そしてソウルフルかつオルタナティヴな新時代のシティポップを紡ぐシンガーソングライターとして注目を集める大比良瑞希が決定。今後も更なる出演アーティストが公開予定となっている。

本日より特設サイトとティザームービーを公開、さらに本日から6月30日(水)までの間、『The LIVE-HOUSE』を見ながら家飲みが楽しめる「オリジナルギフトキャンペーン」として「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」のミニボトル(200ml)1本入りのオリジナルボックスが抽選で3,500名に当たるTwitterプレゼントキャンペーンも実施される。

Info

JOHNNIE WALKER PRESENTS “The LIVE-HOUSE”
・特設サイトURL:https://www.spaceshowertv.com/thelivehouse_johnniewalker
・動画公開開始:2021年6月18日(金) 20:00〜 
        (5月25日(火)より、上記特設サイトにてティザームービー公開)
・視聴方法:上記特設サイトより視聴可能(無料)
※当コンテンツは生ライブ配信ではございません。

・ティザームービー:https://youtu.be/_WjmuF7lgek

〈キャンペーン概要〉

応募期間: 2021年5月25日(火)18:00 ~ 6月30日(水) 24:00
応募方法:ジョニーウォーカー公式Twitterアカウント(@johnniewalkerja)をフォローし、キャンペーンツイートの案内に従って投稿する。
応募資格:日本在住で20歳以上の成人
通知方法:当選結果はアカウントからリプライにて通知し、当選者には後日DMでご連絡

related

『大豆田とわ子と三人の元夫』のSTUTS & 松たか子 with 3exesによる"Presence Remix feat. T-Pablow, Daichi Yamamoto, NENE, BIM, KID FRESINO"のミュージックビデオがプレミア公開

毎回変わるエンディング映像と主題歌も話題になり、先週6/15に最終回を迎えたドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。

STUTS & 松たか子 with 3exesによる『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"のCDの全貌が明らかに | T-Pablow、Daichi Yamamoto、NENE、BIM、KID FRESINOが参加したリミックスも収録

今晩最終回を迎えた『大豆田とわ子と三人の元夫』。第五話と第十話の主題歌"Presence V (feat. T-Pablow)"が、明日6/16(水)にリリースされる。

STUTS & 松たか子 with 3exesの"Presence IV (feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)"がリリース

『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌であるSTUTS & 松たか子 with 3exesの"Presence IV (feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)"が、明日リリースされることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。