Kenny BeatsがマリファナをきっかけにTDEと交流を持ったエピソードを語る

ScHoolboy QやAb-Soulなどの楽曲で知られているプロデューサーのKenny BeatsがTDEの面々と繋がった経緯をポッドキャスト「A Waste of Time」で語っている。

ことの始まりはプロデューサーのRahkと会ったことだったという。「Rahkと会ったとき、ScHoolboy Qがライブとサイン会をスニーカーショップでやってたんだ。それで、『Rahk、誰か知ってる人はいないか?彼らが必要なものを何でも持ってくるぜ』って聞いたら、『あいつらウィードが欲しいみたいだ。持ってこいよ』って言われた。そこに行ったらQが居て、キッズにサインをしてた。誰かが来て、俺を楽屋に連れて行ってくれたんだけど、そこでAb-Soulがチルしててさ。俺はマジでAbのファンだったんだ。リリックを全部覚えてるし、どの曲を誰がプロデュースしたのかも全部知ってた。それで、俺は彼にウィードを渡したんだよ。金なんていらなかった。彼は一番クールだからな。一緒にスモークして話してる内にあいつが『お前、マジで俺を細かく見ててくれてるんだな』って言ってくれた。そして、スニーカーショップを出るときに『ビートが2つ携帯の中にあってさ、ヘッドホンを持ってるんだけど。悪くないと思うから、聴いてくれないか?』って言ったんだ。Abは『もちろん』と言って聴いてくれた。その内の1つがScHoolboy Qの“Party”になって、もう一つがAb-Soul、Q、Mac Millerの“Hunnid Stax”になったんだ」

Rahkと知り合いになって、大麻をAb-Soulに届けたことがKenny BeatsとTDEの出会いのきっかけになったということだ。もちろんKenny Beatsのビートが高クオリティなものだったということもあるだろうが、何よりも大麻を持ってこられたこと、そして彼の熱心さにAb-Soulもほだされたのだろう。チャンスはどこに転がっているか分からないものである。

Kenny Beatsが出演するポッドキャストはこちらから聴くことが出来る。

RELATED

ScHoolboy QがMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止

今年中にニューアルバムをリリースすると噂されているScHoolboy Qが、友人のMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止することを発表した。

ScHoolboy Qと娘が車の中でフリースタイル対決

現在ヒップホップシーンではPusha TとDrakeのビーフや、Chief Keefと6ix9ineという血なまぐさい匂いがする対立なども起こっているが、こちらはとても可愛らしいビーフだ。

ScHoolboy QがLil Pumpを聴いていることに疑問を呈すファンを一喝 | 「おれが毎日同じスタイルの音楽を聴きたいと思ってる奴らは馬鹿」

TDEに所属するラッパーのScHoolboy Qは、そのストイックなスタイルでファンから厚い支持を受けているが、Qが一部のファン層に噛み付いた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。