Kenny Beatsがパンデミックや父親の病気をきっかけに制作したアルバム『LOUIE』をリリース | ThundercatやDijon、JPEGMAFIAなども参加

人気ビートメイカーのKenny Beatsがソロアルバム『LOUIE』を、本日8/31(水)にリリースした。

33分にわたる本作『LOUIE』は、パンデミックや父親の病気をきっかけに、絶望と想像力の雪崩によって駆り立てられた、自然発生的に作られた作品。数人の親しい友人とこの曲を共有した後、彼らの楽曲が喚起する哀愁への反応を受けて、Kennyはこの曲たちを一般に公開することを決めたという。

本作にはBenny SingsやDijon、JPEGMAFIA、Mac DeMarcoなど親交の深いアーティストたちが参加している。

17曲入りとなる本作のCD/LPは2023年1月27日リリースとなっており、アナログ盤は通常盤に加え、数量限定ブルー・ヴァイナルが同時発売。本日より各店にて随時予約がスタートする。

Info

label: XL Recordings
artist: Kenny Beats
title: LOUIE

digital release: NOW ON SALE

CD/LP release: 2023.01.27 FRI ON SALE

1. Leonard
2. Parenthesis
3. Hold My Head
4. So They Say
5. Family Tree
6. Hooper
7. Still
8. Moire
9. Get Around
10. Eternal
11. Last Words
12. Drop 10
13. The Perch
14. Really Really
15. That Third Thing
16. Rotten
17. Hot Hand

BEATINK.COMhttps://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=12976

『LOUIE』配信リンク: https://kennybeats.ffm.to/louie

related

VegynのレーベルPLZ Make It RuinsからArca、Blood Orange、Kenny Beats、100 gecsなどが参加したチャリティーコンピがアナログでリリース

Frank Oceanとのコラボや昨年リリースのアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』などで注目を集めるUKのプロデューサーVegynが運営するレーベルPLZ Make It Ruinsから、人気アーティストによる40に及ぶループを収録したチャリティーコンピレーションアルバム『Locked Grooves』が12月4日にアナログリリースされる。

Denzel Curry & Kenny Beatsのコラボアルバム『UNLOCKED』のショートフィルム|リークされたアルバムを取り戻しにPCの中を大冒険

先週金曜日にリリースされたDenzel CurryとKenny Beatsによるコラボアルバム『UNLOCKED』。同作の楽曲を題材としたショートフィルムが公開されている。

Kenny BeatsがマリファナをきっかけにTDEと交流を持ったエピソードを語る

ScHoolboy QやAb-Soulなどの楽曲で知られているプロデューサーのKenny BeatsがTDEの面々と繋がった経緯をポッドキャスト「A Waste of Time」で語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。