VegynのレーベルPLZ Make It RuinsからArca、Blood Orange、Kenny Beats、100 gecsなどが参加したチャリティーコンピがアナログでリリース

Frank Oceanとのコラボや昨年リリースのアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』などで注目を集めるUKのプロデューサーVegynが運営するレーベルPLZ Make It Ruinsから、人気アーティストによる40に及ぶループを収録したチャリティーコンピレーションアルバム『Locked Grooves』が12月4日にアナログリリースされる。

タイトルの『Locked Grooves』は、アナログレコードの楽曲の終わりに差し掛かった際に最後の音が延々とループされる現象に由来する。本作に収録された楽曲はいずれも133.333BPMで1.8秒、もしくは1小節となる短いループで、それが本作のアナログ盤の特殊な構造により、ターンテーブルの針を上げない限り連続で再生される仕組みとなっている。

参加アーティストは100 gecs、Arca、Blood Orange、Channel Tres、Clairo、Dominic Fike、Floating Points、Four Tet、HAIM、Kenny Beats、King Krule、Mura Masa、Octo Octa、Shygirl、Skrillex、Vegynといった、ロックやヒップホップ、ポップからダンスミュージックまで幅広いジャンルの最先端を行くメンバー。いずれも繰り返しループして聴かれることを意識して制作されたフレーズとなっており、各アーティスト独自のアイデアによって作られたグルーヴを楽しむことが出来る。

ロンドンのラジオ局NTSのVegynがホストを務めるプログラムでは、リリースに合わせ、本作に収録された40のループで構成されたミックスも放送される予定。また、アートワークを手掛けたIsha DipikaとTravis BrothersがデザインしたマーチャンダイズもPLZ Make It Ruinsのウェブサイトにて発売されている。

本作とグッズで得られた収益は、アメリカ自由人権協会、UKのLibertyといった団体に寄付される。

Info

Locked Grooves

PLZ Make It Ruins

December 4, 2020

SIDE A

1. 100 gecs - One bar to rule them all

2. Arca - UwU

3. ARTHUR - rest_less

4. Blood Orange - MORRIS

5. Buddy Ross - Future

6. Channel Tres - Locked In

7. Clairo - Jasper

8. Daniel Aged - 3 pictures

9. Dijon - PEACKOCK!

10. Dominic Fike - Cheesy Wine

11. Duval Timothy - Penny Sweet

12. Eris Drew - The Beat That Never Dies

13. Floating Points - Recourting

14. Four Tet - If You Spin Your Love Around

15. HAIM - I Know Alone

16. John Glacier - Shiny Sounds

17. Kelsey Lu - Only

18. Kelvin Krash - Guardian Angel

19. Kenny Beats - dontoverthinkshit

20. King Krule - Moonnn

SIDE B

1. Lauren Auder - Thorn

2. Loraine James - Sooth

3. Matthew Tavares - I Know Myself

4. Mica Levi - ⚕

5. Mk.Gee - LL6 +50c

6. Mura Masa - Reassurrance Loop

7. object blue - print sprint

8. Octo Octa - My Heart

9. Oli XL - Puppet

10. OTTO - Mr. Bilberry Badger’s Ringtone

11. Overmono - 5 More Years Loop

12. Porches - :*)

13. Raveena - Heartbeat Blip

14. Romil Hemnani - rope

15. Shygirl - Shy Tag

16. Skrillex - Italian Sushi

17. tn_490 - Plus four runner

18. Vegyn - Circle

19. Yawning Portal - Lovely Poison in a Jade Wine Cup

20. Zsela - Liza

VINYL PRE-ORDER:https://plz.world/products/683555

related

【コラム】What is 「HYPERPOP」? by tomad

世界的に未曾有の事態が続いた2020年。パンデミックは音楽シーンにも並々ならぬ影響を及ぼし、多くのアーティストが、これまでとは違う形態での活動を強いられた。

VegynによるレーベルPLZ Make It Ruinsから新鋭プロデューサーOTTOのデビューEP『World Greetings』がリリース

Frank Oceanの『blonde』への参加や、昨年リリースのアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』で大きな注目を集めたプロデューサーVegyn。そんな彼を中心に運営されているロンドンのレーベルPLZ Make It Ruinsから本日、マサチューセッツを拠点に活動する新鋭プロデューサーOTTOのデビューEP『World Greetings』がリリースされた。

『Why Not Listen To ?』Vol.3 feat. J Rick、AMA、Vegyn、Roddy Ricch、Tei Shi、Vagabon

新連載『Why Not Listen To ?』がスタート。今や世界の音楽シーンではジャンルの垣根を越えて、数え切れないほど多くのアーティストが活動しているが、音楽フリークにとってそれを全部追うのは少々無理がある。そこで、fnmnlでは編集部が各月毎にオススメのアーティストをピックアップ。彼らの簡単なプロフィールをはじめ、音楽性、オススメの楽曲などを紹介していく。アーティストをディグするときの参考にしてもらえると幸いだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。