Denzel Curry & Kenny Beatsのコラボアルバム『UNLOCKED』のショートフィルム|リークされたアルバムを取り戻しにPCの中を大冒険

先週金曜日にリリースされたDenzel CurryとKenny Beatsによるコラボアルバム『UNLOCKED』。同作の楽曲を題材としたショートフィルムが公開されている。

監督はこれまでにDoja Catや Gold Link、AmineらのMVを手がけたスタジオPsycho FilmsのJack BegartとChristian Sutton。実写と様々な絵柄のアニメーションが入り混じるクオリティの高い映像作品となっている。

ストーリーは以下の通り。Kenny Beatsのスタジオを訪れたDenzel Curry。かなり腹を立てている様子で、今回の『UNLOCKED』がリリース前にリークされていることをKennyに伝える。責任を擦りつけ合う押し問答にうんざりしたKenny Beatsは、ダンボールの中から謎の機械を取り出し、アルバムを取り戻しにコンピューターの中に入ろうと主張。「『バック・トゥ・ザ・フューチャー』かよ」と文句を言いながら渋々機械を装着したDenzel CurryとKenny Beatsは、そのままコンピューターの中に入りリークされたプロジェクトファイルを探す冒険に出る。ショートフィルムのコンセプトに合わせ楽曲のタイトルにもそれぞれ“.pkg”、“.m4a”といった拡張子がついており、まるで作られたばかりのプロジェクトファイルが本当にリークされてしまったかのようだ。

コンピューターの中へと入った二人は、Kenny Beatsの特殊性癖が明らかになるなどのハプニングを経て1曲目“Track 01”が隠されたゾーンへと侵入。ポリゴンの中コンピューターウイルスや絵文字などが飛び交う極彩色の世界に二人は放り込まれる。イントロのボイスサンプルは精神的な抑圧を抱えた男について語っており、メンタルヘルスへの言及はDenzel Curryのこれまでの作品とも通ずるところだ。

続いて彼らはモノクロの不気味な世界へと移動。伊藤潤二のホラー漫画『うずまき』のパロディであるこのパートでは、同作に登場する人物や怪物を思わせる的が二人に立ちはだかる。2曲目“Take_it_Back_v2”はハードに韻を畳み掛けつつ公民権運動や黒人差別といったトピックへの言及も為され、Denzel Curryのリリシズムが存分に表れた楽曲に仕上がっている。渦巻き模様の中に無数の目を持つ不気味な敵を撃破しプロジェクトファイルを取り戻した二人は、これまた不気味な幽霊屋敷風のダンジョンに突入。ツノを持った巨大な怪物から逃げ回りながら、3曲目“Lay Up.m4a”のファイルを求め探索する。

続く4曲目“Pyro (leak 2019)”のファイルが隠されているのはクレイアニメ風の世界。輝く太陽の中に隠されたファイルを取り戻すため、二人は超能力を使ってピラミットを建造し太陽に手を伸ばそうとする。同曲の中でDenzelは様々なネームドロップやレトリックを用いたセルフボーストを披露しており、改めて彼のスキルの高さに驚嘆させられる。

5曲目“DIET_”ではジャングルを思わせるパーカッションが用いられたトラックに合わせ、無数の凶暴なゴリラが襲い来る森の中での冒険が展開される。森に迷い込んでからわずか2分で何故かゴリラの王となっているKenny Beatsが抱くちょっとした葛藤が可笑しい。6曲目“So.Incredible.pkg”ではファンシーな怪物たちとの謎のレースゲームが開始。巨大な車に乗ったDenzel Curryが俊敏なペガサス相手に苦戦する中、一人自転車で走ることを余儀なくされたKenny Beatsが思わぬ活躍を見せる。浮遊感のあるトラックとDenzel Curryのハードなライムとの対比も聴き所だ。

カートゥーン風の世界での冒険を経てインタールード的な7曲目“Track 07”を取り戻した二人は、とうとうラストトラック“’Cosmic ’ .m4a”を取り戻すべく最後の戦いに臨む。最後に彼らが立ち向かうのはもう一人のDenzel CurryとKenny Beats自身。これまでのコミカルな雰囲気はどこへやら、リアルな絵柄と力の入った作画の迫力あるバトルが展開される。楽曲もクライマックスに相応しいバンガーとなっており、フロウと格闘のSEは明確にWu-Tang ClanとOl’ Dirty Bastardへのオマージュであることが分かる。

今作はKenny Beatsのビートに合わせて様々なアーティストがフリースタイルを披露する企画『The Cave』をきっかけに生まれたもの。Denzel Curryが出演したエピソードではWu-Tang ClanのODBについての言及がなされており、今作のいくつかの部分で見られるDenzel Curryのフロウはその影響下にあるとも推測出来る。

一方でアルバムのアートワークは同じく90sのニューヨークを代表するグループのひとつであるOrganized Konfusionの『STRESS』へのオマージュとなっており、今作が90sのニューヨークをイメージして制作されたものであることが分かる。前作『ZUU』ではサウスのギャングスタラップにオマージュを捧げていたDenzel Curryが、今作ではニューヨークに接近している辺りが興味深い。

二人の冒険は一体どのような結末を迎えるのか、それは本編を見てのお楽しみ。ファンならずとも必見な『UNLOCKED』のショートフィルムはこちらから観ることが出来る。

Info

Denzel Curry & Kenny Beats
UNLOCKED
Loma Vista Recordings
February 7th, 2020

1. Track 01
2. Take_It_Back_v2
3. Lay_Up.m4a
4. Pyro (leak 2019)
5. DIET_
6. So.Incredible.pkg
7. Track07
8. 'Cosmic'.m4a

https://found.ee/DC_ListenUNLOCKED

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

Denzel Curryが残り3枚のアルバムでラッパーを引退し漫画家になる考えを明かす

2月にはKenny Beatsとのジョイントプロジェクト『UNLOCKED』を発表し話題を呼んだDenzel Curry。そんな彼が、インタビューの中で残り3枚のアルバムを発表し引退する考えを明かした。

Billie Eilishが好きなラッパーについて語る

今年3月にデビューアルバム『When We Fall Asleep, When Do We Go?』をリリースしてからというもの、一気にスターダムを駆け上がり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたBillie Eilish。そんな彼女が今回XXLのインタビュー企画『Hip-Hop Junkie』に登場。自身の好きなラッパーについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。