2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

約3100人を対象に行われたこのアンケートによると、アメリカ人の52%が今年何らかの音楽イベントに参加したことが明らかになっている。

この結果について、今週開催されたBillboard Live Music Summitに出席したNielsen Musicの副社長Matthew Yazgeはこのように述べている。
「間違いなく成長している」と語ったMatthewは続けて、「アーティスト達はツアーに非常に依存している。特にフェスティバルは成長を続けており、観客動員数はまだピークには達していないと思われるので、今後も成長を続けていくだろう。」とライブ音楽ビジネスの未来は明るいと話した。

ちなみに今年、何かしらの音楽イベントに参加した米国人のうちの68%がコンサート、66%が屋外の無料音楽イベント、51%がバーやカフェで行われたライブ、44%が音楽フェス、そして43%がクラブでのDJイベントに参加しており、様々なジャンルの音楽イベントに人々が足を運んでいることがわかる。そして、これらの参加者の平均年齢はアメリカの平均年齢より若かったとのこと。

また、これらのライブ参加者は、一般的な人々が年に平均147ドル(約1万5000円)をライブのチケット代に費やす一方、1年で平均247ドル(約2万5000円)をチケットに費やしているそう。
この事についてMatthewは「彼らはチケットを買うことをためらわない。全ては経験のためだ」と語っている。

そして彼は「音楽は自分自身を表現し、仲間を見つける手段になっている。」と締めくくった。

以前にもLive Nationが行った調査でライブに行く人のうちの10人に1人がセックスよりもライブの方が良いと回答したことからも分かるように、人々にとってライブというものがライフスタイルの一部になってきていると言える。
今回の調査においても、73%の人が「音楽が無ければ何も出来ない」という意見に賛成しており、これからもライブの需要が高まっていくことは間違いないだろう。

RELATED

EUや日本で相次いで著作権法が改正 | DJやYouTubeチャンネルが影響を受ける可能性も

EUの議会にて今年の9月に可決、承認された「著作権新指令案」。現行の著作権法をさらに強化したこの法案は世界中で議論の対象となっているが、これについてYouTube音楽部門の責任者であるLyor CohenがBillboardのインタビューにて警鐘を鳴らしている。

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

7~9月の全米シングルチャートで10位内に入った曲の90%以上がヒップホップの影響にある曲と判明

アメリカの音楽業界の動向を調査しているサイトHit Song Deconstructedが、今年の7~9月期の、最新のトレンド傾向を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。