ライブ鑑賞 VS セックス | どちらが快感を覚えるかという調査結果が発表

頻繁に好きなアーティストのライブを観に行く人の中には、何よりもライブに行くことが重要だという人もいるだろう。どうやら、人によってはライブが人間の根源的な欲求を上回ってしまうこともあるようだ。

Live Nationが行なった国際的な調査によると、ライブに行く人の10人に一人は「セックスよりもライブの方が重要だと感じる」と回答したという。以前「音楽はドラッグやセックスと脳の同じ部分を刺激する」という研究をFNMNLでも紹介したが、ライブの快感は時にドラッグやセックスのそれにも勝ってしまうということだろうか。さらに、回答者の71%は「ライブを観ている時が最も生きている実感を得られる」と答えた。

調査は11ヶ国出身の22,500人を対象としたもので、18歳〜34歳のうち66%が「一年に少なくとも一度はコンサートやフェスに行く」と回答したそうだ。これだけ多くの人がライブを観に行く理由として、研究ではソーシャルメディアの結果としてもたらされる「感覚的貧困」を挙げている。調査結果には「彼らは今、QOLのために身体的な世界が重要だということに気づき、自らの人生を意志を持って考え直そうとしているのです」と記されている。

かつて「日常的にライブに行くと長生きできる」という研究結果も発表されていたが、やはり人間にとって生で音楽を聴くという経験は強い喜びとなるのだろう。この頃味気ない日々を送っているという人は、この機会にお気に入りのアーティストのライブに足を運んでみては?

RELATED

Kris WuのアメリカのiTunesでのセールスが不正に操作された疑いでデータ会社が調査に乗り出す

EXOの元メンバーであり、現在はKris Wu名義で活動を行っている中国人シンガーのウー・イーファン。 以前リリースした“Deserve”ではTravis Scottをフィーチャリングに迎え、見事アメリカのiTunesで1位を獲得した。

7~9月の全米シングルチャートで10位内に入った曲の90%以上がヒップホップの影響にある曲と判明

アメリカの音楽業界の動向を調査しているサイトHit Song Deconstructedが、今年の7~9月期の、最新のトレンド傾向を発表した。

アメリカで多くの企業がストリーミングサービスの音楽をBGMで使用 | 毎年26億ドルの損害が出ているとの試算が発表

SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスは、我々音楽ファンにとってインターネットで合法的に音楽を楽しむための最高の手段だろう。しかし、個人レベルならともかく企業にとってはストリーミングサービスを使用することは必ずしも正しいことではないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。