SoundCloud上の楽曲がDJでもプレイ可能に

昨日、現在オランダで行われているAmsterdam Dance Eventにて、ストリーミングプラットフォーム大手のSoundCloudがDJソフトウェア企業との業務提携を発表した。

今回SoundCloudが提携を発表したのは以下の6社だ。
・Native Instruments
・Serato
・Virtual DJ
・DEX3
・Mixvibes
・DJuced/Hercules

そして、これに付随する新機能も同時に発表された。
その新機能というのが、SoundCloud上の楽曲やミックスを上記の企業のDJ用ソフトウェアで再生できるようになるというもの。
しかし、あくまで、この新機能は、SoundCloudの有料バージョンであるSoundCloud Go+のユーザー対象とのことだ。
この発表にあたり、SoundCloudのCEOであるKerry Trainorは
「これまで、DJのデジタルでのプレイはダウンロードかフィジカルメディアに限られていたが、これからはストリーミングでも可能になる。」とこの提携によってDJの作業の幅を広げることができると語っている。

今回のパートナーシップによってSoundCloud上にある2億ものトラックが簡単にDJ用ソフトウェアで再生できるようになるので、DJやプロデューサー達は大助かりなこと間違いないだろう。

SoundCloudのオフィシャルブログにもこれらのことについて書かれている。

 

RELATED

SoundCloudにアップロードしたラップが問題となり高校生が実刑の危機

高校に通った経験のある人は、その環境にフラストレーションを抱えることもあったかもしれない。音楽はそのような感情を表現する手段の一つだが、それが思わぬ事態を引き起こしてしまうこともあるようだ。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

SoundCloudの音質が告知なしに低下していたと報じられるもSoundCloud側は否定

先週、SoundCloudにおける急な音質の低下に気が付いたユーザーが多くいたという。Twitterアカウント@DirectOfficialの指摘によると、SoundCloudのストリーミング再生のビットレートはMP3 128kbpsからOpus 64kbpsに変更されていたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。