ボーイズ・グループINTERSECTIONが持つ可能性

いまグローバルなポップスのシーンで、最も勢いのあるボーイズグループといえば、今年リリースしたアルバムが韓国のアーティストとして初めて全米1位を獲得し、TIME誌の次世代の顔にも選出されたBTSで衆目が一致するところだろう。

BTSがアメリカを中心に、これほどまでに支持を受けた理由は様々あげられるだろう。K-POPという今や音楽というよりも、ファッションやコスメなども巻き込んで大きなカルチャーのムーヴメントとなったものの大きな影響力、さらにはアメリカにおけるボーイズグループの欠如を埋めてくれた存在であったこと、そしてもちろんポップスやヒップホップ、EDMまでを高次元で融合させた彼らの音楽など、BTSの成功が必然というべきものだった理由はいくらでもあげられるだろう。

さらに、彼らの活躍が偶然でないならば、このようにブレークスルーする可能性があるK-POPグループは、BTSだけではないだろう。2000年代前半から積み重ねてきたK-POPの成熟によって生み出されたグループは、どのグループもパフォーマンスや、楽曲の多層的な構造という点ではどのグループにもBTSのようになる可能性を孕んでいるといっていい。

では果たしてBTSと同じようなポテンシャルを持ったグループを、今の日本の音楽業界が必然的に生み出せるかというと、その可能性はまだ少ないだろうと言わざるをえない。今年の日本でのメガヒットとなったDA PUMPの"USA"は、Blocboy JBのシュートダンスを用いたという点ではとても興味深いが楽曲自体は、1992年に発表されたユーロビートチューンのカバーであり、それをダサかっこいいという視点で解釈できるのは、日本国内においては可能かもしれないが、決して外向きの動きとはいえないだろう。

韓国では国内の音楽売り上げだけでは成り立たなかったため、海外で通用するサウンドを希求するためにK-POPグループのサウンドが、独自の進化をしているという話は広く知られている。しかし日本においてはすでに"USA"のミュージックビデオは9500万回再生を超えていて、コメントの比率からみて多くが国内の視聴者だと推測できるように、国内だけで音楽産業が成立する状態が長く続いてきた。それはJ-PopとK-Popの指向性の違いによるもので、どちらが良いと単純に言い切れることではないが、1つのグローバル・ポップのシーンがストリーミングプラットフォームなどの成長によって出来始めた現在で、そこに日本産のポップスが入ってこないのは寂しい事態なのは間違いない。

そんな状況の中で、INTERSECTIONというボーイズ・グループが新たに誕生した。William(ウィリアム)、Kazuma(カズマ)、Caelan(ケーレン)、Mika(ミカ)という4人からなるこのグループは、それぞれWilliamがカリフォルニア、Kazumaがニューヨーク、Caelanはキューバ、Mikaがハワイで生まれ、現在は東京を拠点に活動している。グループ名も異なる文化圏で生まれ育った4人が交わるINTERSECTION=交差点という意味でつけられている。

左 William 中左 Mika 中右 Kazuma 右 Caelan

東京という交差点で偶然巡り合ったこの4人は、Justin TimberlakeやBruno Mars(Mika)、Frank Ocean(Kazuma)、Justin Biber(Caelan)をリスペクトする人物にあげていることからもわかるように、最初から日本の内外というものを意識しすぎない環境で育ってきたのがわかる。またメンバーのKazumaはすでに雑誌の専属モデルとしても活躍しているように、音楽だけでなく隣接するカルチャーへの興味も自然に持っているのは作り込まれたビジュアルをみれば一目瞭然だろう。

世界と日本という対比はINTERSECTIONのメンバーにとっては最初から最も不要なものだろう。彼らは10月から3ヶ月連続でシングルをリリース予定で、第一弾の"Heart of Gold"のミュージックビデオがすでに公開中だ。

EDMを通過したボトムのしっかりしたトロピカルサウンドの上で、全英語詞で歌われたこの楽曲はダサかっこいいものではなく、今のポップのスタンダードのサウンドを彼らが指向しているのがわかるだろう。ここから彼らはどのような方向性にいくのだろうか、「4人だけのミックス・カルチャーをみせたい」とCaelanは語り、Williamは「4人でとにかく外に出たい」と述べている。日本のボーイズ・グループが向かわなかった新しい道があると、この1曲から感じさせてくれる4人。その道は、日本のポップスシーン自体の大きな方向性を変えるかもしれないものだろう。彼らが立っている交差点には大きなポテンシャルが潜んでいる。

Info

INTERSECTION - "Heart Of Gold"

Download / Streaming
https://avex.lnk.to/_is_hog

Instagram https://www.instagram.com/intersectio...

Twitter https://twitter.com/intersectiontyo

Facebook https://www.facebook.com/INTERSECTION...

OFFICIAL WEBSITE http://intersection-tokyo.jp/

RELATED

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

【特集】ZAYN『Icarus Falls』| 音楽性とスタイルから現代のポップスターを考察する

イギリスのポップアクト、ZAYNのセカンド・アルバム『Icarus Falls』がリリースされた。ZAYNことZayn Malikは、2015年にイギリスの人気ヴォーカルユニットOne Direction(1D)を脱退したのち、ソロで活動を開始。同作は2016年のデビュー作『Mind Of Mine』以来2年ぶりのアルバムだが、コンスタントなシングルリリースで注目を集めてきた。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。