【ライヴレポート】5lack | 大舞台でも自分らしく 赤坂BLITZワンマンで最高の「KESHIKI」を見せる

5lackが10月8日に東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマンライブ「KESHIKI」を開催した。チケットは前売り券で完売し、客席は最前列から最後尾にあるPA卓の周りまでびっちりと観客で埋まった。

客電が落ちるとkZm(YENTOWN)がオープニングアクトとして登場する。「マジでこんな耳の肥えた人たちの前でライヴできて光栄です。YENTOWNというところからやって来たkZmと申します」と挨拶。観客のスマホのライトだけでパフォーマンスする"Dream Chaser"を含む4曲を歌って会場を暖める。

Photo by Shuhei Kojima
Photo by Shuhei Kojima

ステージはDJブースとプールサイドで見かける3mほどの高さの監視台のみというシンプルな構成。暗転した会場に一筋のレーザーが走ると暗闇から5lackが現れる。重たく美しい"Twiligh Dive"でワンマンライブの幕を開けた。アンビエントなビートに、独特なリズムを刻むラップ、さらにソウルフルなフックは、5lackの新境地だ。荘厳な雰囲気が空間を支配し、曲の終わりとともに再び静かな闇に包まれる。そこに一発の銃声。同時にストロボで一瞬ステージが照らされる。そこには3人の影。それはもちろん、5lack、PUNPEE、GAPPERのPSGだ。曲はPUNPEEのソロアルバム『Modern Times』から、"Stray Bullets"。まさかの人気曲が2曲目に披露され、客席から割れんばかり声援が送られた。

Photo by Taro Mizutani
Photo by Shuhei Kojima
Photo by Taro Mizutani

PUNPEEはそのままバックDJとしてブースに入り、レゲエビートの"Weekend"を鳴らす。5lackが「盛り上がる準備はできてるか」と観客に呼びかける大歓声が跳ね返ってきた。3曲目はNTTドコモのCM曲としてもおなじみの"東京"。今回はSILENT POETSのアルバム『dawn』に収録されたExtended Dubバージョンをエディット。よりダイナミックで壮大なアレンジを聴かせてくれた。

Photo by Shuhei Kojima
Photo by Taro Mizutani

さらに前半はOlive Oilと5O名義で発表したアルバム『5O2』から"もういい"、2015年に発表した『夢から覚め。』で強烈な印象を残したKILLER-BONGビートの"HNGRI KILLIN!!"、2ndアルバム『WHALABOUT?』収録のアーリークラシックス"That’s Me"とファンも納得のナンバーが次々と披露される。しかも"That’s Me"は、後半のヴァースがアカペラ。5lackの安定感あるラップに観客は釘付けになる。当然、パンチラインの「Musicのみ」は会場全員が一緒にシャウトした。

Photo by Shuhei Kojima
Photo by Shuhei Kojima

kZmとの"Wolves"のあと「元気なうちに愛について歌っとかなきゃね」とメロウなラブソング"But love"を歌う。そして次の曲はなんと"Hot Cake"だった。この曲は1stアルバム『MY SPACE』の収録曲で、16flipがビートを手がけた5lackの代表曲。イントロが流れると歓喜の声を上げる。1ヴァース目から最後まで大合唱となった。続いて鳴り響いたのは、一転してストイックなSick Teamの"踊狂"だ。ISSUGIもステージに登場して、BudaMunkのタイトなビートに切れ味抜群のラップを乗せていく。続けてハードコアなブーンバップの"Street Wars"を歌い終わると5lackは「ヒップホップにはいろんな種類があるけど、いまみたいのが(ピュアな)『ヒップホップ』っていうんだよ」と語った。

Photo by Taro Mizutani
Photo by Shuhei Kojima

ライヴはBudaMunkビートの"Come Inside"から後半戦へ。"Feelin29"では互いにインスピレーションを受け合うラッパー・KOJOEが現れる。5lackはKOJOEに対して「本当にラップがうまい。日本でも(KOJOEのような)素晴らしい音楽がもっと聞かれればいいのに」とリスペクトを送った。そしてDogear Recordsからリリースを行った初期のナンバー"Good More"と"NEXT"を歌ったあと、MONJU(ISSUGI、仙人掌、Mr.PUG)との昔話をする。そしてライヴ本編最後の曲は"CUS"。5lackのいまのモードが反映されたこの曲は、11月21日にリリースされるニューアルバム『KESHIKI』に収録される。

Photo by Taro Mizutani
Photo by Shuhei Kojima
Photo by Shuhei Kojima

熱烈なアンコールに応えるように、5lackは再びステージへ。PUNPEE&GAPPERとともにPSGの"愛してます"を歌った。もちろん会場からは合唱が巻き起こり、大団円に向けてピースな雰囲気が作り出される。続けて5lackは電話というキーワードを話し出すと、最後のゲストで唯一のヴォーカリスト・iriが登場。彼女は5lackがプロデュースした自身の楽曲"Telephone"でスモーキーなヴォーカルを響かせた。

Photo by Shuhei Kojima
Photo by Shuhei Kojima

ラストソングは「俺の話しを聞くのはあいつだけ」と歌う"Girl if you"。PUNPEEが「今日は話を聞いてくれる人が多くて良かったね」と笑う。観客も皆笑顔だった。あるものは声をあげ、あるものは柵を叩き、あるものは手を上げて5lackを祝福していた。今回のライヴは、来たるニューアルバムにちなんで「KESHIKI」と銘打たれていた。5lackがマイナビBLITZ赤坂のステージの上から見た景色はどんなものだったのだろうか? それは彼のみしか知り得ないが、クラシックからマニアックまで、5lackのさまざまな面を垣間見ることができた今回のライヴは、観客にとっては間違いなく素晴らしい景色として映っていた。大きなステージでも、あくまで自分らしく。常に進化し続ける5lackは、その眼差しをさらに先に向ける。(宮崎敬太)

Photo by Taro Mizutani
Photo by Taro Mizutani

Info

5lack「KESHIKI」トラックリスト(2018年10月8日 東京都 マイナビBLITZ赤坂)
■kZm
絶唄
WANGAN
Emotion ( Chaki Zulu Remix )
Dream Chaser

■5lack
01. Twilight Dive
02. Stray Bullets feat. PSG/PUNPEE
03. Weekend
04. 東京/SILENT POETS
05. もういい/5O (5lack x Olive Oil)
06. HNGRI KILLIN!!
07. That’s me
08. Wolves feat. kZm/kZm
09. But Love
10. Hot Cake
11. 踊狂 feat. ISSUGI & BudaMunk/Sick Team
12. Street Wars feat. ISSUGI & BudaMunk/Sick Team
13. Come Inside
14. いつも想う
15. Feelin29 intro
16. Feelin29 feat. KOJOE
17. Good More
18. NEXT
19. CUS
<アンコール>
20. 愛してます feat. PSG/PSG
21. Telephone feat. iri/iri
22. Girl If you

アーティスト: 5lack
タイトル: KESHIKI
レーベル : 高田音楽制作事務所
発売日 : 11月21日 (水)
価格: ¥2400(税込)
品番: TOSJ-020
Track List―――
1. Intro(KESHIKI)/Beat by 5lack
2. DNS/Beat by Fumitake Tamura
3. Twiligh Dive/Beat by 5lack
4. SITT/Beat by LISACHRIS
5. Trun/Beat by 5lack
6. CUS(Chois Ur Self)/Beat by 5lack
7. 影道 Feat.RUDEBWOY FACE/Beat by Budamunk
8. YES/Beat by 5lack
9. 24365 Feat.KOHH/Beat by 5lack
10.Last day/Beat by 5lack
11.進針/Beat by Howlin’ Bear
Album Info———————
2018年これで何度目だろうかの日本にヒップホップのブームが再来している実際きっかけは何処にあったのだろうか
歴史の更新と共に過去が埋れて行く最中この男が約3年ぶりにアルバムを発表するアルバム-KESHIKI-では時代と共に変化していくラップやビートを 独自の解釈で優雅に乗りこなす5lackの奇才ぶりは 世界的に見ても新しくどこか懐かしさや愛おしさすら感じられる とても不思議な作品だ常に変化し続けそして常に状況を変えてきた5lackの行動は昔から何一つ変わっていないのかもしれないMV発表曲を多数含めた極上の11曲今作も勿論聴き逃す手は無い
Artist prof————————
5lack a.k.a 娯楽 (またはs.l.a.c.k.)日本・東京出身のラッパー / トラックメイカー実兄のPUNPEE地元の先輩GAPPERと組むPSGの一員としても知られ他にもBudaMunkISSUGIと結成したSick TeamにOlive Oilとのユニット・5Oとしても活動するソロとしても計5枚のアルバムの他にEP / MIXCD / Free DL作品などを発表しており野田洋次郎のソロプロジェクト・illion / DJ KRUSH / KOHH / Kojoe / RUDEBWOY FACEらとの共演作も発表しているまた2015年の年末から放送されているNTTドコモによる2020年東京オリンピックのキャンペーンCM “Style ʼ20 “にも楽曲提供を行うなどアンダーグラウンドな立ち位置はそのままに活動の幅を広げ続けている
今年に入ると2月に5Oとしての新作を発表し3月に行われた恵比寿Liquid roomでのワンマンはチケット即完売7月には新曲’ Twiligh Dive’を配信シングルとして発表すると同時にこれまで一部のみDL配信を行っていた過去作も一挙にDL & ストリーミングの解禁その直後に行われたFuji Rock Festival 2018・RED MARQUEEでのライブは豪雨の中にも関わらず満員の会場で初出演とは思えぬ貫禄のライブを披露した

RELATED

ワンマンライヴを成功させた5lackが11月にニューアルバムをリリース決定

昨日赤坂 BLITZでのワンマンライヴを成功させた5lackが、ニューアルバムをリリースすると発表した。

5lackが10月に赤坂 BLITZでワンマンライブを開催

新曲"Twiligh Dive"をリリースしたと同時に過去作のストリーミングとダウンロード配信の解禁も話題となった5lack。

5lackがニューシングル"Twiligh Dive"をリリース | 全ての過去作のデジタルリリースも解禁

5lackは初期作品のみiTunesなどデジタルストアでリリースしていたが、その後の作品はアルバムやシングルもCDのみで発売してきた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。