GeniusがApple Musicとパートナーシップを結ぶ│Genius内でApple Musicの楽曲を再生することが可能に

今やヒップホップファンならずともお馴染みとなった歌詞データベースサイトGeniusが、Apple Musicとパートナー契約を結んだことが明らかになった。

この契約によって、本日よりGenius内にApple Musicのプレーヤーが表示されるようになり、Geniusで歌詞を閲覧しながらApple Musicで音楽を聴くことが可能になった。また、Apple MusicにもGeniusのデータベースより「数千の」歌詞のデータが提供されたため、Apple Musicにて歌詞を表示出来る楽曲の数も格段に増えたようだ。

GeniusはかつてSpotifyとも契約を結んでいたが、その際Geniusの最大の特徴である歌詞注釈機能を使用することが出来たのに対し、Apple Musicでは歌詞のみが表示される仕様となっておりアノテーションを閲覧することは出来ないという。

GeniusのBen Grossは「Geniusを見ながらApple Musicで音楽を聴けるのは夢のような体験になる。私たちはApple Musicを公式のプレーヤーに採用したことを誇りに思うし、Geniusの歌詞をあの素晴らしいプラットフォームに提供できることに興奮していいる」と喜びを口にしている。

Geniusで歌詞や情報を読みながら直接Apple Musicから音楽を再生できるのは、Apple Musicユーザーの音楽ファンにとって願ってもない話だろう。この機会にディグの幅を広げてみては?

RELATED

Geniusがサンプリング素材を作る作曲家を特集した動画を公開

ヒップホップを語る上でサンプリングは欠かせない要素の一つだが、近年はライセンス、使用量の問題でサンプリングを中心にしたトラックメイキングはやや下降気味であると言える。

Apple Musicのアメリカでの登録者数がSpotifyを超えたとの報道

Apple MusicとSpotify、世界の2大ストリーミングプラットフォームはここ数年熾烈な争いが繰り広げられてきたが、とうとう先行していたSpotifyに対しApple Musicがアメリカの会員数で上回ったとDigital Music Newsが報じている。

Geniusがヒップホップにおけるアドリブの歴史をまとめた動画を公開

ここ数年のラップにおいて「アドリブ」は大きなキーワードの一つとなっている。「Aye」や「Skrrr」、「Bruh」などのアドリブは今や当たり前に聴かれるものとなり、Childish Gambinoが”This is America”において21 SavageやYoung Thugなどをアドリブのみでフィーチャリングしたことも話題となったが、今回Geniusがヒップホップにおいてアドリブがどのような形で発展してきたのかをまとめた7分間の動画を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。