Tyler, The Creatorが中学二年生の時に聴いていた曲のプレイリストを公開

SolangeのレーベルSaint Heronによるプレイリストシリーズの最新回にTyler, The Creatorが登場し、2004年のTylerが思春期真っ只中の13歳、日本でいうと中学1年生の時に聴いていた楽曲がテーマのプレイリストを公開している。

Tylerは収録曲の中でも、Lenny Kravitzの"California"に思い入れがあるようで、「この曲と'Where Are We Runningは当時タイムワーナーでオンデマンドで再生できたんだ」と振り返り、「うちのネットが遅かったから、おれは観れるものは全部観ていたよ」と当時の思い出を語っている。

他にもSnoop Doggや213、T.IとPharrellのコラボ楽曲にThe HivesなどTylerらしいセンスで構成されたプレイリストとなっている。

RELATED

Tyler, The Creatorがスタジオでマリファナを吸われると気が散ると語る

Fantastic Manのカバーストーリーに登場したTyler, The Creatorは、自身のセクシュアリティなどについて語っていたが、同じインタビューで彼はA$AP Rockyとの楽曲“Potato Salad”をスタジオで制作していたときのことを振り返っている。

Tyler, the Creatorが自身のセクシュアリティを明言しない理由を語る

Fantastic Manの2018 A/W号のカバーストーリーに登場したTyler, the Creatorが、自身のセクシュアリティなどについて語っている。

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。