世界初の女性だけのパンクバンドThe Slitsのドキュメンタリー映画が公開

パンクムーブメントが燃え上がっていたロンドンで、1976年に誕生した主要なメンバーが女性だけというバンドThe Slits。彼女たちの歴史を70年代中ごろのバンド結成時から、
解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中にヴォーカルのアリ・アップが癌で亡くなるまでを追ったドキュメンタリー映画『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』が12月に日本でも公開される。

今作はアーカイヴ映像や初めて公となる写真の数々、メンバーの証言やファン、Slitsに影響を受けてきた面々のインタビューで構成。メンバーたちのほか、ROXY CLUBのDJでありパンクドキュメンタリー作家のドン・レッツ、アルバム『CUT』のプロデューサーであるデニス・ボーヴェル、ポール・クック(THE SEX PISTOLS)、ジーナ・バーチ(THE RAINCOATS)、アリソン・ウルフ(BRATMOBILE)などがインタビューに登場し、Slitsがどのように世界中の人々に影響を与えていったかを描いている。

監督はバンドKARPのドキュメンタリー映画『Kill All Redneck Pricks: A Documentary Film about a Band Called KARP』のウィリアム・E・バッジリーだ。

Info

監督・脚本・撮影・編集:ウィリアム・E・バッジリー
出演:ドン・レッツ、ヴィヴ・アルバータイン、ポール・クック、アリ・アップ、
デニス・ボーヴェル、テッサ・ポリット、ケイト・コラス、バッジーほか
2017年|イギリス|86分|カラー|G|原題 HERE TO BE HEARD: THE STORY OF THE SLITS
提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル c Here To Be Heard Limited 2017

【公式サイト】 THESLITS-L7.COM
【『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』 twitter/facebook】 @theslitsmovie
12月15日(土)より、新宿シネマカリテにて〈3週間限定〉公開!
ほか全国順次公開

RELATED

Eminemプロデュースのラップバトル映画『Bodied』が全米で公開へ

昨年、カナダで開かれたトロント国際映画祭でプレミア上映され、好評を博したEminemプロデュースのラップバトル映画『Bodied』がついに全米で公開される。

姿を消したマルタン・マルジェラの謎を解き明かすドキュメンタリー映画『We Margiela マルジェラと私たち』の公開が決定

ファッションフリークから熱烈に支持されるブランド、メゾン マルタン マルジェラ。メディアには匿名性を貫いてきたデザイナーのマルタン・マルジェラが2008年、表舞台から突然姿を消した。

80年代の重要アーティストArthur Russellのドキュメンタリー映画のDVD発売を記念して一夜限りの上映会が開催

1980年代ニューヨーク・ダウンタウンを拠点に活動した伝説的音楽家の、Arthur Russellの人生を追ったドキュメンタリー映画『ワイルド・コンビネーション:アーサー・ラッセルの肖像』(原題:WILD COMBINATION: a Portrait of Arthur Russell)が、待望の日本語字幕付き日本版DVDとして発売される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。