Kanye Westが再びトランプ大統領をサポートする姿勢を打ち出し大きな批判が起こる

これもまた彼としてはアルバムリリース前のPR戦略なのだろうか。Kanye Westがトランプ大統領を擁護する声明を発表し、大統領のスローガンであるMake Great America Againキャップを着用し、波紋を呼んだのは今年4月のことだ。

そして現在新作『Yandhi』のリリースを直前に控えているKanyeは、人気番組『Saturday Night Live』に登場し、Lil PumpやKid Cudiなどと共に3曲をパフォーマンスした。このパフォーマンスの後、放送自体は終了したが、Kanyeはスピーチを行っており、それを俳優のクリス・ロックが撮影していた。このスピーチの内容が大きな波紋を呼んでいるのだ。

Kanyeは「黒人たちは民主党員になりたがる。これが民主党のプランだってことを知ってるだろ?先祖を故郷から連れ出し、福祉を与えたんだ。これは民主党の計画だ」と民主党に対して批判的なコメントを残している。

そしてよく白人から「トランプについてどう思う、彼はレイシストか?」と聞かれるというKanyeは「おれがもしレイシズムを心配しているなら、おれはアメリカから出て行ったと思う」と発言、トランプ大統領は自身にとってはレイシストではないと主張した。

さらにKanyeは番組スタッフにMake Great America Againキャップをかぶって出演しないよう求められたと主張し、いじめられたとも発言している。

この発言は大きな波紋を呼んでおり、Swizz Beatzは「Make America Great Againキャップはクソだ」とInstagramに投稿している。

さらにLana Del ReyはKanyrのトランプへのサポートは「カルチャーにとっての損失」と投稿した。

このような批判が出たあともKanyeはTwitterで奴隷制の永久的な廃止を規定したアメリカ合衆国憲法修正13条を廃止すべきだと投稿している。Kanye自身の境遇と照らしわせてみれば確かに修正13条に意味はないというのはわかるが、あまりにも独りよがりな発言を続けていると言わざるを得ない。彼に果たして政治家の資質はあるのだろうか?

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

故XXXTentacionの新作『Skins』に参加したKanye Westが、彼のDV疑惑を曲中で擁護していることが判明

Kanye Westの現在製作中だという最新作『Yandhi』に故XXXTentacionが参加していることは以前より伝えられていた。そんな中、今回XXXTentacionの死後初めて発表されるアルバム『Skins』にもKanye Westとのコラボ曲が収録されることが明らかとなった。

Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。