Sheck Wesが近日リリース予定のデビューアルバム『Mudboy』に1人もゲストを迎えなかった理由を語る

“Mo Bamba”のヒットを皮切りに、Travis Scottの『ASTROWORLD』に参加するなど、ラッパーとしてのキャリアを着実に歩んでいるSheck Wes。

先日、彼はTwitter上でKanyeに対し不満を漏らしていたが、そんな彼のメジャーデビューアルバム『Mudboy』のリリースが近づいている。

今回Wesは、L.A.Leakersのインタビューに登場。もうすぐリリースされる『Mudboy』について語った。

どうやら『Mudboy』にはフィーチャリングアーティストが1人もいないらしい。
その理由についてWesはこう語っている。
「ついに俺はデビュープロジェクトを完成させた。俺のファーストアルバムだ。タイトルは『Mudboy』。このアルバムは、基本的には俺の人生のここ3〜4年間について話している。バスケットボールの部分、ファッションの部分、アフリカに戻ったこととかね。あと、俺のアートを人々に伝えたいんだよ。“Mo Bamba”以上にね。俺は俺の曲に沢山のアートを注ぎ込んだんだ。全て俺なんだ。フィーチャーなんていらない。俺はやろうと思えば『Mudboy』に100万のフィーチャーを迎えることだって出来たよ。だけど俺はまずは人々に“俺”を理解して欲しいと思ったんだ」と自分自身を理解してもらうことを最優先にした結果、フィーチャリングがなしになったと明かした。

最近は幾人ものフィーチャリングアーティストを迎えるのが流行っている印象があるが、その流行にあえて乗らず自分という存在を伝えるためにフィーチャリングを迎えないというのは、ある種の情熱を感じさせる。

『Mudboy』のリリース日などの詳細は、まだ明らかにされていないが、彼の情熱が作品にどのように昇華されているのか気になるところだ。

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

Sheck Wesが「Kanye Westには俺のキャリアにもっと関わって欲しかった」と不満を漏らす

“Mo Bamba”の大ヒットやTravis Scottの『ASTROWORLD』への参加で今最も注目されている若手ラッパーのSheck Wes。

Sheck Wesのトレードマークである曲中の「BxxCH!」という掛け声はパソコンがフリーズした時に叫んだのがきっかけ


注目の若手ラッパーSheck Wes。彼のキャッチフレーズである曲中に叫ぶ”BITCH!”という掛け声は、レコーディング中にノートパソコンがフリーズした時に叫んだのが始まりであると、プロデューサーのA Daytripがインタビューで明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。