Sheck Wesが「Kanye Westには俺のキャリアにもっと関わって欲しかった」と不満を漏らす

“Mo Bamba”の大ヒットやTravis Scottの『ASTROWORLD』への参加で今最も注目されている若手ラッパーのSheck Wes。彼はKanye WestのG.O.O.D. MusicとTravis ScottのCactus Jackの両レーベルと契約を結んでおり、この事実は彼の勢いを象徴するようなものだった。しかし、KanyeとTravisの二人が彼のキャリアにとって役に立っている訳ではないようだ。

Sheck Wesは昨日火曜日、「Kanyeにはもっと俺のキャリアに関わって欲しかった」とツイート。

G.O.O.D.に所属していながらもKanyeとの関わりは薄いという。ファンの一人が「Kanyeのアルバム『Yandhi』には参加しないの?」と質問したところ、彼は「いいや。MUDBOY(Sheck Wesのこれから発売されるデビューアルバム)だけだよ」とリプライした。

どうやらKanyeによるフックアップはレーベルとの契約という形のみに留まって、音楽面でのサポートは受けられていないようである。

Interscopeも加えて計3つのレーベルと契約しているSheck Wesだが通常このようなケースは少なく、そのうちの1つが自身にコミットしてくれないことで彼はフラストレーションを溜めているように見える。しかし“Mo Bamba”を筆頭に破竹の勢いでセールスを伸ばし、Helmut Langのルックに参加するなど音楽以外のフィールドでも活躍しているSheck Wesだけに、1つのレーベルで上手く行かなかったとしても今後のキャリアは順調に重ね

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

Kanye Westがホワイトハウスで異例の熱弁 | 改めてトランプ支持を表明し失望が広がる

先日より予告されていた通り、現地時間10/11(木)に行われたKanye Westとトランプ大統領のランチミーティング。世界的なニュースにまでなってしまったこの会談だが、中でもトランプ大統領を前に行われたKanyeの10分間に及ぶスピーチは大きな波乱を呼んでいる。

Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。