クリスマスイヴに“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を10時間聴き続けたYouTuber

“Sicko Mode”と“Mo Bamba”といえば2曲とも2018年を代表するバンガーであり、繰り返し聴いた人も多いのではないだろうか。

そんな中、あるYouTuberが“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を順番に10時間聴き続けるという動画を投稿し、話題になっている。その動画がこちら。

BIG PAPA JAMESという名で活動している彼は、動画の最初でクリスマスイヴに10時間、上記の2曲を聴き続けるという趣旨を説明。このような企画をやる理由として「これがやるべきことだからだ」と単純明快な理由を述べている。

その後、彼は“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を交互に聴き始めるわけだが、彼はラップを口ずさむでも、曲に合わせて体を揺らすでもなく一貫してベッドの上から動かない。そして、とても眠そうな顔が印象的である。

途中で動き出すかと思いきや、最後まで彼は眠そうな顔のまま、ベッドから動かず「皆、メリークリスマス」と言って動画は終わる。非常に無駄なクリスマスイヴを過ごしている気がしてならないが、動画内の彼の心情が気になるところだ。
ちなみに、この動画は12月25日に公開されてから、すでに約37万回再生を記録しており、彼が自身のチャンネルで公開している他の動画と圧倒的な差をつけている。

いくら好きな曲といっても、流石に10時間聴き続ければ嫌いになりそうなものだが、彼は今でも“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を聴き続けているのだろうか?

RELATED

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。