Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

全世界のファンが彼の新たな作品を心待ちにしている中、そのファンのうちの1人が今まで集めてきたヴィンテージのKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開くようだ。

その熱狂的なKanye Westのファンの名はChico。なんとまだ19歳である。Chicoがこれまで収集してきたKanyeのグッズはどれもレアなものばかりで、その中にはもうほぼ市場に出回っていないであろうブートレグやツアーのスタッフTシャツなどKanyeファン垂涎のラインアップとなっている。

We gone keep baggin up this here crack music

carlos chicoさん(@chicosclosetla)がシェアした投稿 -

Cmon Homie We Major

carlos chicoさん(@chicosclosetla)がシェアした投稿 -

このポップアップショップは今週日曜日、ロサンゼルスのEndangeredという店で開かれる予定だ。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

FNCYが今週開催のPOP UPでX TOKYOとのコラボスニーカーなどを発売

FNCYの初となるPOP UPが今週12/14(金)~12/16(日)まで東京・原宿のA-1 GALLERYで開催される。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。