Kanye Westがニューアルバム『Yandhi』をリリースか? | Young Thugは新作に参加させてくれなかったらもう口をきかないとツイート

先日、長らく噂されてきたChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』のリリースを宣言したKanye West。リリースが大変待ち遠しいが、KanyeはChance The Rapperとのコラボアルバムの前に自身のニューアルバムをリリースするかもしれない。

昨日、Kanyeは自身のTwitterでこのようなツイートをした。

画像のみのこのツイートにはMDの写真とともに、“YANDHI 9 29 18”という言葉が添えられている。要するに彼は『YANDHI』と題したニューアルバムを9/29日にリリースすると発表したのだ。
そして、ツイートの画像にあるMDのデザインが、彼が2013年にリリースしたアルバム『Yeezus』に酷似していることから、『YANDHI』はその続編的な作品になることが推測される。また、『Yeezus』がイエス・キリストの英語読みであるJesusから取っているのに対し、『YANDHI』はインド独立運動の指導者であるマハトマ・ガンディー(Gandhi)が由来と見られており、ここにも2作の関連性がうかがえる。

そんな中、Kanyeと親交の深いラッパーの1人であるYoung Thugはこのツイートに「もし俺が『YANDHI』に参加出来ないのであれば、もう2度と口をきかない」と返信している。おそらく冗談であろうが、是非参加してほしいものだ。

まだ『YANDHI』に関してはリリース日しか分かっておらず、トラックリストなどの詳しい情報は不明だが、Kanyeは今年に入って、もうすでに自身のソロプロジェクトである『Ye』とKid Cudiとのコラボ作『Kids See Ghost』を発表しており、彼がかなりのハイペースで作品を制作していることは言うまでもない。
いずれにせよ、もし本当に『YANDHI』がリリースされれば大きな話題となるのは間違いないだろう。

RELATED

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。