Tyler, The Creatorがスタジオでマリファナを吸われると気が散ると語る

Fantastic Manのカバーストーリーに登場したTyler, The Creatorは、自身のセクシュアリティなどについて語っていたが、同じインタビューで彼はA$AP Rockyとの楽曲“Potato Salad”をスタジオで制作していたときのことを振り返っている。

どうやらTylerは、そのキャラクターや楽曲の奇怪さの一方で、スタジオで楽曲制作をするときは真面目なようだ。彼はその時のことを「俺はスタジオに入った途端にマリファナを吸っている奴の手からブランツを奪い取って、地面に投げつけて足で踏みつけた。そして俺はこう言ったんだ。『気が散る。マジでやめてくれ。俺たちはここに素晴らしい仕事をするためにいるんだ。遊ぶためにここにいるんじゃない』ってね。」とスタジオでマリファナを吸われることを嫌っていると明かした。

彼が真面目なのはスタジオにいるときだけでなく、日常生活でも同じだという。Tylerはお酒について、「俺は酔っ払っている奴を見たことがない。『ああ、俺もああなりてぇ』みたいな奴を見たことないんだよ。多分、俺の頭の中で自然とあんなに酔っ払う理由はないっていう考えが作られてるんだと思う。」と語っており、お酒もあまり飲まないことをほのめかしている。

TylerといえばOdd Futureの創設者でもあり、文字通りOddな楽曲、パフォーマンスの印象が強いが楽曲制作や私生活は意外と真面目なのかもしれない。

RELATED

Jaden Smithが「Tyler, The Creatorは俺の彼氏だ」と発言

今週末、開催されたTyler,The Creator主催のフェスCamp Flog Gnaw。Kid CudiとKanye Westの2人によるユニットKids See Ghostsの初ライブも大きな話題となった。

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、大麻合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だ大麻が合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用大麻の合法化に乗り出していることが報じられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。