BROCKHAMPTONがメジャーデビューアルバム『iridescence』をリリース

テキサス出身のラッパー/プロデューサーKevin Abstractを中心に結成されたBROCKHAMPTONが、メジャーデビューアルバム『iridescence』をリリースした。

BROCKHAMPTONのメンバーの多くは、Kanye WestのファンサイトKanyeToTheの掲示板で出会っており、「インターネット初のアメリカン・ボーイバンド」と自称。総勢14名にも及ぶメンバーは、シンガー、DJ、フォトグラファー、エンジニア、プロデューサー、デザイナー、ツアーマネージャーなどで構成されていて、音楽面だけではなく、アパレルからミュージック・ビデオ、ツアーの広告、ドキュメンタリー番組など、全てのクリエイティブを自身達でおこなっている。

昨年リリースしたアルバム『Saturation III』が大きな話題になり、メジャーデビューも決定した彼らに暗雲が立ち込めたのは、今年の5月。メンバーだったAmeer Vannが、複数の女性から性的暴行で訴えられてしまったのだ

グループはAmeerを解雇し、ツアーをキャンセル再編成を図り、制作されたのが本作だ。収録曲の大半がビートルズが使用していた事でも知られるロンドンの名門スタジオ、アビー・ロード・スタジオで録音された楽曲でKevin Abstractも「今作はビートルズの『サージェント・ペパーズ』にとてもインスピレーションを受けた作品だ」と述べ、これまでとは全く違う作品であることを強調している。

Info

『イリデセンス』
配信中
試聴・購入リンク:
https://lnk.to/IRIDESCENCE
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。
トラックリスト
01. NEW ORLEANS | ニュー・オリンズ
02. THUG LIFE | サグ・ライフ
03. BERLIN | ベルリン
04. SOMETHING ABOUT HIM | サムシング・アバウト・ヒム
05. WHERE THE CASH AT | ホウェアー・ザ・キャッシュ・アット
06. WEIGHT | ウエイト
07. DISTRICT | ニュー・オリンズ
08. LOOPHOLE | ループホール
09. TAPE | テープ
10. J'OUVERT | ジュヴェ
11. HONEY | ハニー
12. VIVID | ヴィヴィッド
13. SAN MARCOS | サン・マルコス
14. TONYA | トーニャ
15. FABRIC | ファブリック

RELATED

BROCKHAMPTONのメジャーデビューアルバム『iridescence』が自身初の全米チャート1位を獲得

新世代アメリカン・ボーイバンドBROCKHAMPTONが、リリースしたメジャーデビューアルバム『iridescence』が、最新の全米アルバムチャートで初登場1位を獲得した。これまでBROCKHAMPTONの最高位は『Saturation III』で獲得した15位で、グループにとって自身初の全米1位となる。

BROCKHAMPTONの最新アルバム『Iridescence』が9月にリリースとアナウンス

大手レーベルRCAと契約した矢先の主要メンバーの解雇というトラブルを経ながらも、未だその勢いを止めず活動を続けるBROCKHAMPTONが4枚目のアルバム『Iridescence』を9月にリリースすると予告した。

BROCKHAMPTONの新曲”1998 TRUMAN”のミュージックビデオ

先日はBeats1にてラジオ番組『Things We Lost in the Fire Radio』をスタートさせ、”1999 WILDFIRE”をリリースしたBROCKHAMPTONが、続けざまに新曲”1998 TRUMAN”のMVを公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。