BROCKHAMPTONがファッションライン『GAY』を再始動

BROCKHAMPTONが、2018年にオンラインで発売したファッションライン『GAY』を再ローンチすることを発表した。

『GAY』はメインストリームのメディアやショップでLGBTQ+コミュニティをより表現し、エンパワメントすることを目的としたライン。

クルーの中心を担うKevin Abstractがクリエイティブディレクターを務め、LOOKBOOKの撮影はAshlan Greyが担当。LOOKにはメディアを通じてLGBTQ+の受容を推進する団体GLAADで活動する「Youth Engagement Program」のメンバーが登場している。

コレクションにはTシャツやフーディ、ハットなどがラインナップされ、本日より発売開始となる。

Info

PURCHASE: Gay collection

zumiez.com/brands/brockhampton.html

related

Kevin AbstractがBrockhamptonは「あといくつかのアルバムで終わる」と発言

今年のサマーソニックでの素晴らしいライブも記憶に新しいBrockhampton。今後更なる飛躍が期待される彼らだが、フロントマンのKevin Abstractから不安になる発言が飛び出した。

SUMMER SONICに出演するBrockhamptonの単独公演が開催決定

ソロアルバムもリリースしたKevin Abstractを擁するBrockhamptonは、今年SUMMERSONICで来日を果たすが単独公演も開催決定となった。

ソロEP『ARIZONA Baby』をリリースしたKevin AbstractがBrockhampton解散の噂を真っ向から否定

ボーイバンド/ラップグループBrockhamptonの中心人物であるKevin Abstract。そんな彼がソロEP『ARIZONA Baby』をサプライズリリースしたことで、思わぬ噂が広がることになってしまったようだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。