MadeinTYOがデビューアルバム『Sincerely, Tokyo』のVERDYが手がけたカバーアートが公開

“Uber Everywhere”などのヒットで知られ、2017年のXXL Freashmanにも選出されたMadeinTYO。そんな彼の、以前はキャリア最後の作品になると宣言していた待望のデビューアルバム『Sincerely, Tokyo』のカバーアートが公開された。

同作は昨年8月にリリースされたEP『True’s World』以来の作品となっており、A$AP Fergをゲストに迎えたシングル“Ned Flanders”などが収録されている。

カバーアートのデザインは日本のグラフィックアーティストでMadeinTYOとも親交が深いVERDYが手掛けており、郵便切手を模したMadeinTYOのポートレートをフィーチャーしている。アートワークの実物はロサンゼルスのFairfax通りに壁画として残っているという。

MadeinTYOは『Sincerely, Tokyo』を最後に音楽活動を辞め、妻でイラストレーターのZaira Santanaと共に東京に移住し育児に専念すると発言していたが、後にPigeons & Planesのインタビューにて「今後一切音楽をリリースしない訳じゃ無い」とその宣言を撤回していた。

今後のMadeinTYOの活動がどうなるかは分からないが、一度は最後の作品にしようとまで決意するほど気合の入ったアルバム『Sincerely, Tokyo』がどのような作品に仕上がっているのか非常に楽しみだ。

RELATED

新レーベルYAOYAがAWAでプレイリストを公開

日本と海外のアーティストのさらなる交流を目指す音楽レーベルYAOYAが、今夏スタート。 Elle Teresaのリリースで幕を開けたこのレーベルのロゴは大人気のデザイナーVERDYによるもの。

【対談】m.j.k. × VERDY | キャラクター・コラボ・『TOKYO WONG』

aReKことm.j.k.は特徴的なキャラクターを用いたペイントや、グラフィックなどで知られているアーティストだ。そんな彼のスケートなどストリートカルチャーに影響を受けたダークな感性も表現されたキャラクターなどを展示する個展『TOKYO WONG』が、9/9(日)まで、東京・原宿のkit galler...

渋谷の街頭ビジョンを使用した『NEO SHIBUYA TV』がスタート | VERDYがロゴを手がけIssei Moriが登場する企画からスタート

渋谷の街頭ビジョンの新たな可能性を模索し、追求するプロジェクト『NEO SHIBUYA TV』が始動する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。