MadeinTYOがデビューアルバム『Sincerely, Tokyo』のVERDYが手がけたカバーアートが公開

“Uber Everywhere”などのヒットで知られ、2017年のXXL Freashmanにも選出されたMadeinTYO。そんな彼の、以前はキャリア最後の作品になると宣言していた待望のデビューアルバム『Sincerely, Tokyo』のカバーアートが公開された。

同作は昨年8月にリリースされたEP『True’s World』以来の作品となっており、A$AP Fergをゲストに迎えたシングル“Ned Flanders”などが収録されている。

カバーアートのデザインは日本のグラフィックアーティストでMadeinTYOとも親交が深いVERDYが手掛けており、郵便切手を模したMadeinTYOのポートレートをフィーチャーしている。アートワークの実物はロサンゼルスのFairfax通りに壁画として残っているという。

MadeinTYOは『Sincerely, Tokyo』を最後に音楽活動を辞め、妻でイラストレーターのZaira Santanaと共に東京に移住し育児に専念すると発言していたが、後にPigeons & Planesのインタビューにて「今後一切音楽をリリースしない訳じゃ無い」とその宣言を撤回していた。

今後のMadeinTYOの活動がどうなるかは分からないが、一度は最後の作品にしようとまで決意するほど気合の入ったアルバム『Sincerely, Tokyo』がどのような作品に仕上がっているのか非常に楽しみだ。

RELATED

VERDYのドキュメンタリームービーの上映会も兼ねた1日限りのイベントが今週末に開催

Instagramが6月にローンチしたアプリIGTVで公開中のVERDYのドキュメンタリー『WASTED AGAIN』。その新エピソード「ロサンゼルス編」の先行上映と本人と関係者を交えたQ&Aセッションも行う上映会イベントが、12/1(土)に都内某所で開催される。

Vince Staplesがニューアルバム『FM!』をリリース | カバーアートを手がけたVERDYがきっかけを明かす

その幅広い音楽性と、癖のあるキャラクターで独自のポジションを築いているVince Staplesが本日新作『FM!』をリリースした。

MadeinTYOが“Uber Everywhere”は実家で母親が夕食を作っていたときにレコーディングしたと明かす

先日、ついにファーストアルバム『Sincerely,Tokyo』をリリースしたMadeinTYO。そんな彼が一躍注目を浴びたのは、今から2年前、2016年に“Uber Everywhere”を発表したときだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。