MadeinTYOが1stアルバムで音楽活動を終了し東京に移住すると発表

アトランタのラッパーMadeinTYOが、今年リリースされる1stアルバムで音楽活動を終了し、東京に移住すると発表した。

MadeinTYOは“Uber Everywhere”や“Skateboard P”などのヒットで知られており、昨年はXXL Freshmanに選出されたことも記憶に新しい。

先日も新曲“SUMMER WITH SANTANA”をドロップしたばかりであり、今後も精力的に活動を続けていくかに思えた矢先の発表であった。

彼は続けてのツイートで、自分の曲が大きなヒットを記録し、ツアーやコンサートを行なって多くのファンから支持を受けている現状に満足しているようで、アルバムの制作によって「ゴールにたどり着いた」と発言している。

MadeinTYOは4月12日に26歳の誕生日を迎え、彼のTwitterには祝福のメッセージが多く集まっていたが、そんな中突如として発表された音楽活動の終了にファンの間では動揺が広がっているようだ。

日本に移住した後も活動を続けるよう訴えるファンのリプライに対し、彼は「このアルバムをドロップしたら俺の仕事は終わりだ。いままで応援ありがとう」と応えている。

また、「移住する先は渋谷か」という質問に対しては「おそらく」とのことなので、今後は渋谷で彼の姿を見かけることもあるかもしれない。

RELATED

MadeinTYOがいいアーティストの見つけ方の秘訣を語る

“Uber Everywhere”などのシングルがバイラルヒットしたことによって一躍その名を有名にし、2017年にはXXL Freshmanに選ばれたことでも知られているラッパーのMadeinTYO。

MadeinTYOが2017 XXL Freshman CypherでのXXXTentacionとの思い出を語る

先日その突然の死で世界的に衝撃を与えたXXXTentacion。それを受けてSki Mask The Slump GodやTrippie Redなど様々なラッパーがコメントを発表しているが、2017年のXXL Freshman CypherでXXX Tentacionと共演したMadeinTYOが彼との思い出を語っている。

Metro BoominとMadeInTYOのコラボプロジェクト『MadeInBoomin』がリリースへ

今年はMigosのOffsetと21 Savageのコラボ作や、Big Seanとのコラボ作もリリースした大人気プロデューサーのMetro Boominが、新年に向けて新たなビッグコラボをアナウンスした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。