RZAがプロデュースするOl' Dirty Bastardの伝記映画が制作予定か

Wu-Tang Clanの創設メンバーの1人で、RZAとGZAのいとこであるOl' Dirty Bastard。グループとしての活動はもちろん、ソロアルバムでも『Return to the 36 Chambers』などで、他に比類のないフロウで存在感を放った彼は、2004年の11月36歳の誕生日の2日前にドラッグのオーバードーズの後遺症で亡くなった。

生活保護の給付をリムジンの中で受け取ったり、Wu-Tang Clanが1998年のグラミー賞でPuff Daddyに敗北を喫したときに、ステージに怒りのあまり乱入するなど、エキセントリックな行動で多くのエピソードを持つ奇才ラッパーの生涯を振り返る伝記映画が、現在制作中であるとHollywood Reporterが伝えている

Hollywood Reporterによれば映画は現在監督の選定が進んでおり、RZAがプロデュースを務めるという。2015年の『Straight Outta Compton』の成功以来、ハリウッドは次なるヒップホップの大ネタを求めていると言われており、NYで一時代を築いたWu-Tang Clanを描く本作が完成すれば、十分にその候補と言えるかもしれない。

 

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。