Sheck Wesのトレードマークである曲中の「BxxCH!」という掛け声はパソコンがフリーズした時に叫んだのがきっかけ


注目の若手ラッパーSheck Wes。彼のキャッチフレーズである曲中に叫ぶ「BxxCH!」という掛け声は、レコーディング中にノートパソコンがフリーズした時に叫んだのが始まりであると、プロデューサーのA Daytripがインタビューで明かした。

元モデルでバスケットボールの才能もあり、Kanye WestやTravis Scottなどの持つビッグレーベルとも契約、Travis Scottのニューアルバムでも客演しツアーにも参加することが決定、先月はDrakeが自身のコンサートでステージに上げて曲を披露させたりなど、話題の尽きない人気急上昇中のラッパーSheck Wes。

Travis ScottやShaquille O’Nealのお気に入りでもある、彼の代表曲”Mo Bamba”についての小ネタがいくつか明かされた。

曲名の”Mo Bamba”は先日ドラフト選出されたNBAのルーキーMohamed Bambaから取ったようだ。彼はSheck Wesの幼馴染だという。

そして彼のトレードマークとなった印象的な”BITCH!”という掛け声。曲中何度も叫ばれるこの印象的なフレーズが曲に独特な雰囲気をもたらしている。この「BxxCH!」という掛け声の誕生は意外な場面であった。

”Mo Bamba”のプロデューサーの一人であるA Daytripによると、レコーディング中にノートパソコンがフリーズしたときに、キレたSheck Wesが「BxxCH!」と叫んだのがこのフレーズ誕生の瞬間だったという。

「その時は古いノートパソコンを使ってた。いつもフリーズする。お願いだからフリーズしないでくれ…って願いながら作業してたんだけど、突如全てがフリーズ。その瞬間無音になったんだ」とA Daytripはその時の様子を語る。「そうなるとSheckは『FxxK! SxxT!』ってキレてね。でも次の瞬間あいつが「BxxCH!」って叫んだらパソコンがまた動き始めたんだ。あいつやりやがった!って思ったよ。バク転三回転して綺麗に着地したみたいに見事だった」と、パソコンに向かって怒りで発した言葉が、彼の有名なキャッチフレーズになったと語った。

他にもA Daytripはこの曲をSheck Wesはワンテイクで録ったことも明かした。

ちなみにSheck Wesは、彼の繰り返し発する「BxxCH!」という言葉に女性嫌悪の意図はないと言及している。「Bの言葉をよく使う。けど女性を卑下する目的で使っているわけじゃない。俺がBxxCHと言ったときは何か意味があるときだ。おそらく怒っている時だから我を失っている」とのことだ。

Sheck WesがTravis Scottのニューアルバム『ASTROWORLD』で参加した楽曲”NO BYSTANDERS”でも繰り返し”BxxCH”と叫んでいるのが聞ける。

 

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。