Run-DMCのDMCがヒップホップシーンに苦言を呈し「Kendrick LamarやChance The Rapperと共に今のヒップホップを乗り越えるべき」と語る

言わずと知れた80年代の伝説的なグループRun-DMCのラッパーであるDMCが、現在のヒップホップシーンに対して苦言を呈している。

イギリスのメディアであるDouble Down Newsの動画コンテンツに登場したDMCは、6月にXXXTentacionが射殺された事件を踏まえて「Jam Master Jay(Run-DMCのDJ)が撃たれて、2Pacが撃たれて、Biggieが撃たれて、XXXTentacionが撃たれた。悲しいことだ。でも何より悲しいのは、名も無い若い男女が撃たれて殺されていることだ。2Pacが撃たれて、“ヒップホップは二週間か三週間喪に服した”って、どうしてその後も同じことを繰り返すんだ?最初に銃殺事件が起こった時点で、同じことが起こらないようにしろよ。どうして銃を持ったクソ野郎がクールだなんて思うんだ?それがヒップホップのメンタリティだからか?俺たちがヒップホップを作ったんだから言うが、ヒップホップにギャングとドラッグディーラーは必要ない」と、数々のラッパーの悲惨な死を経ても未だに変わろうとしないヒップホップシーンを痛烈に批判した。

「俺は教育の必要性をライムの中で歌ったし、Zulu NationもKRS-Oneも殺し合いを止めるよう言ってきたはずだ。ヒップホップは“お前に何が出来るか?”ということ、変われるという可能性や必要性を歌ってきたんだ」と語るDMCの話は更に現在のシーンにまで及び、「今の若い世代は正しいことについて歌うのをダサいと思っている。子供たちはザナックスやリーンについて歌うが、Run-DMCは彼ら以上にウィードを吸って酒を飲んできた。地球上で作れるだけの酒は全て飲んできたが、それを曲にはしなかった。Adidasについて歌っていたんだ。ヒップホップラジオを聴いてみろよ、ザナックスやコデインの曲ばかりだ。ヒップホップにはハイにならない、ストリートギャングじゃない男が必要だ。Kendrick LamarとChance The Rapperと共に、今のヒップホップを超えなくちゃならない」と、ドラッグや暴力を曲にするのではなくKendrickやChanceのようなメッセージを歌うラッパーが必要だと持論を展開している。

DMCは、ドラッグや暴力をクールな物として描くのではなくそれらを止めるよう発信するべきだと説いている。例えばChance The Rapperが “Finish Line”でザナックス中毒について歌っていたように、DMCが例に挙げた二人もドラッグやストリートライフについての曲を作っているが、それでもドラッグの使用や殺人をいたずらに煽る内容を歌っていないことが他のラッパーとの違いだろう。

DMCが憂いている通り現在のシーンにはドラッグや暴力について歌うアーティストが多く、またそれらを行う様子をSNSで配信し、フレックスしている。しかし、Lil Pumpや6ix9ine、Boonkのように奇行をネットに公開したことでバズを起こし人気を得たがあるため、名声を欲しがるアーティストがそのような行動に出ることを止めるのは難しいと言える。

現在の状況を変えるような、ポジティブなメッセージを歌うアーティストが今後増えて行くことはあるのだろうか?DMCのインタビューの全体はこちらから観ることが出来る。

RELATED

Chance The Rapperが婚約者のために地元のショップを貸し切りに

先日、7月に待望のニューアルバムをリリースすることを宣言したChance The Rapper。順風満帆な音楽活動を送っている印象のある彼だが、私生活も充実の一途をたどっているようだ。今週月曜日、Chanceは婚約者であるKirsten Corleyに思う存分買い物を楽しんでもらうため、地元シカゴのBarneysを貸し切りにしたとPage Sixが伝えている。

Chance The Rapperが7月にニューアルバムをリリースすると予告

Kanye Westとのコラボアルバム『Good Ass Job』を制作しているとしながらも2016年の傑作『Coloring Book』以来まとまった形の作品をリリースしていないChance The Rapper。そんな彼が、今年の7月にアルバムをリリースすることをアナウンスしている。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。