ベストサマーチューン 2018 Selected by mabanua

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ドラマー、プロデューサー、シンガーとして活躍し、8/29(水)に3rdアルバム『Blurred』をリリースするmabanuaの夏の1曲。

College & Electric Youth - "A Real Hero"

コメント

ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ドライヴ』という映画が昔から好きでその時にサントラとして流れていた曲です。
映画を見たのが夏の暑い時期で、マイナーな雰囲気の中に垣間見えるポジティブ感というか、そういうあいまいな部分が好きなのと、レイドバックした80's感、ボーカルBronwynの透き通った声がすごく涼しさを感じさせてくれます。

告知

mabanua_Blurred_JKT_300px

● アーティスト:mabanua
● タイトル:Blurred
○ タイトル読み : ブラード
● 発売日 : 2018年 8月 29日 (水)
● 品番 / 価格 :
○ 通常盤 : OPCA-1038 / 2,500円(+tax)
○ 限定盤 : OPCA-1039 / 3,000円 (+tax)
● 収録曲 :
01. Intro
02. Blurred
03. Heartbreak at Dawn
04. Night Fog feat. Achico
05. Fade Away
06. Overlap
07. Cold Breath
08. Tangled Up
09. Call on Me feat. Chara
10. Scent
11. Imprint
※ 限定盤のDISC2には全曲のインストを収録。

mabanua

日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー。
ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストとコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。
またToro y Moi、Chet Faker、Madlib、thundercatなど海外アーティストとも多数共演。さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド "Ovall" としても活動し、大型フェスの常連となる。

また、ビートメイカーBudamunkとのユニット "Green Butter"、タブラ奏者 U-zhaan と共に "U-zhaan × mabanua"、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文のソロプロジェクト "Gotch BAND" のメンバーとしても活動中。

RELATED

アルバム『Blurred』が大きな話題となっているmabanuaのソロツアーが開催決定

Ovallのメンバーとしても活動しつつ、6年ぶりのソロアルバム『Blurred』をリリースしたばかりのmabanuaが、東京・大阪・福岡でソロツアーを開催する。

ベストサマーチューン 2018 Selected by 嫁入りランド

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

ベストサマーチューン 2018 Selected by LIL MOFO

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。